スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017センター現代文―小説「秋の一日」(野上弥生子)解説

平成29年度のセンター試験小説は、野上弥生子「秋の一日」。登場人物は、主人公の直子、夫、息子、淑子と少なく、間に過去の回想が入っている以外は、場面展開もわかりやすく、とても読みやすい部類かと思います。

そういった複雑でない本文に対しては、どうしても問題作成する側は、作中の何でもないような心情を表した、細かい言葉尻をとらえて、微妙な正誤解答を要求するものなので、今回は読み方というよりは解き方を考えるという意味で、問題を見ていきたいと思います。

まず問2の傍線部A「誠に物珍しい楽しい事が急に湧いたような気がして」についての心情説明。まずはなぜそのような気がしたか、因果関係を確認する。するとその直前に、「~とそう思うと」とあるので、「そう」思ったから傍線部の心情になったということ。「そう」の指示語はその前文に掛かっていて、

それが可い。展覧会は込むだろうから朝早くに出掛けて、すんだら上野から何処か静かな田舎に行く事にしよう。」

という独白のことを指す。さらに「それが可い」の「それ」とは何を指すかといえば、

「明日の晴れやかな秋日和を想像して左様しようと思った」

ということであり、この「左様しようと思った」の「左様」とは、

「(絵の展覧会に)早く行って見ようと思った。けれども長い間の望みの如く、彼のあけび細工の籠に好きな食べものを入れてぶらぶら遊びながらと云う事を思いついたのは、其前日の全く偶然な出来心であった」

ところに結びついてくる。ここで「けれども」という逆接を使って、例年同様の展覧会見物よりも、手提げ籠を持って郊外をぶらぶらしたいということに、より直子の願望があることがわかります。そしてその「手提げ籠」は、本文の始まる前にも問題作成者からヒント(キーワード)が与えられており、それに対する直子の執着が伺えます。

以上を踏まえれば、問2の①、②、③は展覧会に行く事だけで、郊外に出掛けることに触れていないし、②、③、⑤は籠に触れていない。また、⑤は上で見た因果関係がすり替わっている。直子の心情の流れを適当なものは④となります。

このように指示語・キーワードをたどっていくこと、因果関係を把握すること、逆接(一般的に後ろの文章が強調されるといわれる)などの目印を見逃さないこと、など意識すれば微妙な選択肢も簡単に消去できるはずです。

続いて傍線部B「この微笑の底にはいつでも涙に変る或物が沢山隠れているような気がした」についての説明問題。まず「この微笑」とは、直前の「女中の肩を乗り出して眺め入ってる自分の子供を顧みると、我知らず微笑まれた」という部分を指すのはすぐにわかる。

実際、問3の選択肢の文章を見ると、

「思わずもらした微笑は」
①身を乗り出して運動会を見ている子供の様子に反応したもの
②小学生たちの踊る姿に驚く子供の様子に反応したもの
③子供の振る舞いのかわいらしさに反応したもの
④幸せそうな子供の様子に反応したもの
⑤子供が運動会を見つめる姿に反応したもの

と前半部分はそれぞれ違うが、ここに明確な間違いはなく、前半部分では正誤を判断できなくなっている(これがセンター試験設問者のイヤラシイところ)。

そうなると、「涙に変る或物」というものの実態を把握することがカギとなります。「涙」というキーワードを頼りに、傍線部と同段落をたどっていくと、いろいろ書いていることがわかる。

・ふと訳もない涙(34行)
・何に出る涙か知らぬ。何に感じたと気のつく前に、ただ流れ出る涙(35行)
・不図この涙におそわれる(36行)
・子供に乳房を与えながら、その清らかなまじめな瞳を見つめている内に溢れる涙(36-37行)
・(涙の理由は)なんにも知らぬ(38行)

これだけ「理由がわからない涙」、「漠然とした涙」を強調しており、これについて問3は聞きたいのだとわかります。選択肢文の後半を見ると、

①病弱な自分がいつも心弱さから流す涙と表裏一体のものがあると感じたということ。
②無邪気な子供の将来を思う不安から流す涙につながるものがあると感じたということ。
③純真さをいつまでも保ってほしいと願うあまりに流れる涙に結びつくものがあると感じたということ。
④これまで自分がさまざまな苦労をして流した涙の記憶と切り離せないものがあると感じたということ。
⑤純粋なものに心を動かされてひとりでにあふれ出す涙に通じるものがあると感じたということ。

とあり、①、②、③は、明らかにとある対象について涙を流しているという説明なので間違い。④は説明なし。⑤については、「純粋なものに心を動かされて」の記述が若干あやしいが、「ひとりでにあふれ出す涙」と、その性質を唯一説明しているので、消去法で正解としたい。

問4の傍線部C「こうした雲のような追懐に封じられてる」は、60行「不図先日仏蘭西から帰った画家が~」から始まる回想を聞いている。その回想部分の中に傍線部がないので、設問者はこの2ページ分の理解を問うているのだな、とすぐ気づけば上出来です。

同時に、回想というのは必ず現在の自分に跳ね返るわけで、回想問題にあたったときはそれに対する現時点から見た心情をあわせて押さえなければならない。実際、選択肢文を見ると、句点(。)の前は過去の説明、後は現在の心境となっているので、分けて比較しながら消去していく必要があります。

回想は長いので、現在の心境を先に考慮するのが時間的には無難。

(1)かれこれ十年近くの長い日が挟まっているのだけれども、ちっともそんな気はしない。(94行)
(2)(今にも友達が来る気がするが)其中に交じる自分は、ひとり画の前に立つ此自分ではなくって全く違った別の人のような気がする。(94-95行)
(3)(そんな自分を)笑い度いような冷やかしたいような且憐み度いようなきがした。(96行)
(4)過去の姿の、如何にも値なく見すぼらしいのを悲しんだ。(97行)

とくに(3)、(4)の過去の自分を引き離した捉え方は見逃してはいけない。実を言えばこれらさえ押さえれば解ける問題。

③「慕わしさが次々と湧き起こる」「後悔の念に胸がふさがれている」といった感傷を直子は負っていない。
④「もうこの世にいない淑子さんの姿がかすんでしまっていることに気付いて、懸命に思い出そうと努めている」は、上記(1)に反している。
⑤「女学生の頃の感覚を懐かしみ、取り戻したいという思いにとらわれている」は(3)、(4)の過去の自分への複雑な感情を無視している。
①「長い間の病気が~」は説明がない。(問2、問3と続けて誤選択肢に「病弱」を強調する理由は正直わからない)

直子の変化を押さえ、過去への過剰な感傷なく、憂いの気持ちを説明している②が正解になる。

問5。ある描写がどういう意味を持っているかという一対一対応問題。基本的にはその部分を読み返せば因果関係が違っている等の誤りが見つかるので消去法で正解を見つけ出す。ただし、正解である④は、文章の通りのひねりのない選択肢である。曖昧な正解選択肢を作らないようにしたということだろうか。

問6は表現問題。問題を解くときは、○(明らかに正解)△(微妙な選択肢)×(明らかに不正解)で決めていくとよい。①②⑤は○、③は△、というように。

それにしても、⑤「絵画や彫刻にかたどられた人たちの、穏やかな中にも生き生きとした姿を表現したもの」という選択文は、いったい何を言いたいのか。本文では絵画や彫刻を擬人法で表しているだけで、かたどられた「人」だけに適用されるものではない、というのが×の理由なのだろうか。絵画彫刻の内容?に適用される表現ではなく、絵画彫刻という形式にあてはめられた表現だから、という理由なのだろうか。

また④「直子の無知を指摘し、突き放そうとする表現」というのも気になる。「誰が」指摘し、突き放そうとしているかを書いていない。作者か、第三者語り手か。実際に無知を指摘しているのは間違いではないし、語り手次第では突き放そうとしているといってもよい。

あまりぐちぐち言っても仕方ないですのでこのへんで。

>>>《記事一覧

スポンサーサイト

受験のための文学史~近世~

近世文学は、徳川家康による江戸幕府の成立から崩壊までの約二世紀半を範囲とします。中世までの戦乱の時代は終わり、市民の文学が重要な位置を占めるようになる。ここでは近世文学を前期と後期に分けてそれぞれ見ていきます。

前ページ:中世文学史

■江戸前期

前期(1600~1760頃)は上方(かみがた)文学ともいわれ、大阪・京都を中心とした芸術活動が花開きます。前期で必ず押さえるべきポイントは、小説の井原西鶴、俳諧の松尾芭蕉、浄瑠璃の近松門左衛門の三人となりますので、それぞれジャンルごとに確認しましょう。

●小説

江戸時代の大きな特徴として、庶民教育が広く行われ、文盲(文字を読めない人)の追放が行われたことにあります。文字が読めるようになった庶民に向けて、基本的な教養・道徳・知識を普及するために、簡単な小説が要請されました。

江戸時代の最初に現れた小説は、「仮名草子」という文学です。これは小説と呼んでいいのか微妙なところですが、絵が大部分を占め、平易な文章によって書かれています。知識普及の目的もあり、様々な職業の作者が、仕事の片手間の副業として作ったもので、文学的な意義は大きくはないが、庶民への教育を果たした役割は大きいです。

この「仮名草子」を一変させた存在が、井原西鶴です。

「井原西鶴」

西鶴は教養の本としての仮名草子を、現実的な、かつ描写に力を入れた娯楽としての文学として発展させました。それを「浮世草子」といいます。「浮世」とは、中世以前の「憂き世」(つらい世の中)に対する造語で、肯定的な人生観をもって現実をとらえ書きました。

そもそも西鶴は、俳諧(はいかい)師としてデビューし、一日で数千句を作るといった速吟を作ることを得意としていたので、長篇小説家としての素地はすでにあったものと思われます。

西鶴の最初の小説である『好色一代男』は、町人の「世之介」が好色の生涯に明け暮れた日々を書いたもので、いわば『源氏物語』の近世町人版といえるものです。禁欲が美徳とされていた時代に、自由な恋愛奔放を描いたものとして、話題をかっさらった作品でした。その後には、当時の社会で女性の悲劇的な要素を盛り込んだ『好色五人女』、『好色一代女』などもあります。

また、好色物以外では、晩年に町人物という、町人のお金にまつわる生活を描いたものも有名です。というのも、江戸時代には貨幣が統一され、物の価値がすべて貨幣に変換され、そのために成功や失敗、喜劇も悲劇も貨幣にまつわって起こるようになりました。

たとえば、『日本永代蔵』では、様々な町人のモデルを使って、その人物が金を稼いだ、あるいは失ったという経緯を描き、出世するための教訓を伝えています。そしてその教訓を通して、当時の資本主義社会の現実を描き出している。同様に『世間胸算用』では、お金の貸し借り・つけ払いなどで大金が動く大晦日を舞台に、町人の悲喜劇を描いている。

●詩歌

中世以前の和歌等の歌壇は、都の宮中が中心となっていました。けれども、その歌風は停滞し、革新的な歌は生まれなかった。江戸時代に入り、町民の中から「国学」という、一つの研究が隆盛し、その理論を使って停滞していた歌風を打ち破る武器をいよいよ手に入れました。国学の中心には契沖、荷田春満、そして賀茂真淵といった人物がいます。

一方で中世に確立した「連歌」は庶民にさらに普及し、「俳諧」という形式を取るようになります。松永貞徳の「貞門俳諧」、西山宗因の「談林俳諧」などの流派を経て、俳諧は精錬されていき、そして松尾芭蕉があらわれる。

「松尾芭蕉」

俳諧とはそもそも「滑稽」を意味する言葉で、すでに『古今和歌集』の頃から俳諧という部立てがあり、正統な和歌に対する笑いの表現としてありました。上記の談林俳諧なども、先ほどの西鶴に代表されるように、軽快で速く句を捻り出すところに特徴があり、その速さゆえに即物的な句が大量生産されました。

そのような中、芭蕉は、漢詩文の素養と、自然を映し出す叙景詩を繰り合わせ、もっと厳格な人生詩として俳諧を完成させます。芭蕉は紀行途上の俳諧に優れ、とくに江戸から東北、北陸へと抜けていく旅である『奥の細道』は、紀行文学の最高峰といわれます。

・夏草や兵どもが夢の跡
・閑さや岩にしみ入蝉の声
・さみだれを集めて早し最上川

といった有名な句はこの旅中に詠まれたものです。

また芭蕉には「七部集」といわれるものがあり、『冬の日』、『春の日』、『阿羅野』、『ひさご』、『猿蓑』、『炭俵』、『続猿蓑』があり、思想が徐々に変化、深化してゆく様が垣間見れます。

とくに大事な思想としては、「不易流行」(不易=変わらないもの、流行=変わりゆくもの)という、永遠性と変化性の両面を俳諧に見出した用語があります。後年には「軽み」という自分を捨てて自然に溶け込むという世界を実現しようとしました。

●浄瑠璃

文学史で出る浄瑠璃とは、三味線を伴奏にする人形劇をいいます。室町時代の頃に古浄瑠璃という形で始まり、江戸時代には琉球から渡来した三味線を使って、人形芝居が発達しました。大阪で開設された竹本義太夫の浄瑠璃一派が、現在の文楽の祖であり、そこに近松門左衛門が出現します。

「近松門左衛門」

近松の出世作となったのは、元禄十六年に初演された『曽根崎心中』です。「世話浄瑠璃」と呼ばれる、町人の人情・恋愛に材をとったもので、内容は町人が遊女と駆け落ちし、心中するまでの成り行き、道行きを描いたものです。歴史上のヒーローが活躍するのでもなく、一庶民のいざこざを取り上げた、日本演劇で最初の庶民劇として重要です。

また、「時代物浄瑠璃」として『国性爺(こくせんや)合戦』も見逃せない。日本と中国を舞台にした雄大な構想で、かつ人情味の要素もある浄瑠璃です。近松の晩年には『心中天網島』という心中物もあり、よく取り上げられる劇作です。

以上、西鶴、芭蕉、近松の三人を中心とした江戸前期でした。元禄期に活躍したので、とくにこのころを「元禄文化」といったりもします。

■江戸後期

江戸後期は、江戸を中心とした文化となります。長年続く江戸幕府に怠惰と腐敗が忍び寄り、文化は模倣と規制によって、前期ほど華々しく花開くことのない頃ですので、ざっくりと眺めて行けばいいと思います。

●俳諧

芭蕉が死に、俳諧は大衆化・陳腐化した結果、新風がまるで入ってこなくなります。しかし1760年代になると、「芭蕉へ帰れ」という合言葉のもと、もう一度純粋な俳諧を目指そうという運動が見られるようになります。

たとえば与謝蕪村。(句集『新花摘』など)

・春の海 終日(ひねもす)のたりのたり哉(かな)
・菜の花や月は東に日は西に

寂寥な気持ちを非現実の世界に投げ出し、芭蕉とは違った色の俳諧を生みだしている。

また、小林一茶。(句集『おらが春』など)

・目出度さも中くらい也おらが春
・我と来て遊べや親のない雀
・ともかくもあなた任せのとしの暮

一茶は農民出身で、それゆえに大地に根ざした生活と自己意識をもった句を作っている。

●小説

西鶴系統の小説であるが、寛政の改革や天保の改革等、時代の規制をくらいながら様々なジャンルが生まれます。ざっとまとめると

洒落本(遊里文学)
黄表紙(時事的な漫画)

↓規制

人情本(風俗小説)
合巻(挿絵主体の小説)
滑稽本(笑いを主とした写実小説)

といった感じです。ここでは、滑稽本の代表格である、十返舎一九の『(東海)道中膝栗毛』くらいだけ押さえておく。弥次郎兵衛と喜多八(やじさん・きたさん)が、伊勢、奈良、大阪、宮島、木曽などたどる道すがら、その失敗談を面白おかしく書いていくというものです。

上記のような娯楽ジャンルとは一線を画していた文芸ジャンルが「読本(よみほん)」であり、代表としては曲亭馬琴の『南総里見八犬伝』があげられます。中国の伝記小説『水滸伝』を下敷きに、日本で展開する壮大な伝奇小説は、我が国の伝記文学の傑作として残っています。

ただし、その行き過ぎた勧善懲悪思想、人間が書かれていないという批判が、明治時代に近代思想をもった文学者から噴出する。ある意味では、明治時代以降の近代文学は、この批判が出立点となるのですが、それは次回。

>>>《記事一覧

2013年センター試験まとめ(二日目)

2013年センター試験まとめ(一日目)
2013センター現代文―小説「地球儀」(牧野信一)解説


■解答速報
河合塾 / 代ゼミ / 駿台 / 東進

■時間割
9:30 - 11:40 理科二科目(一科目受験は10:40から)
13:00 - 14:00 数学(1)
14:50 - 15:50 数学(2)

続きを読む

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

2013センター現代文―小説「地球儀」(牧野信一)解説

※問題文はこちらとか(PDF)

2012センター現代文―小説「たま虫を見る」(井伏鱒二)解説
2011センター現代文―小説「海辺暮らし」解説


 2013年のセンター小説は牧野信一の「地球儀」という小品。牧野はギリシャ的だとか魔術的リアリズムだとか言われて、文学史の中では亜流の扱いをされがちです(代表作「ゼーロン」(青空文庫)は彼の真骨頂)。けれども本作は私小説風味の比較的整然とした作品です。牧野特有の独特な言い回しやとぼけた会話にまどわされずに、小説の構造、仕掛けにちゃんと注意を払いながら読めば、問題作成者の意図がはっきりと見えてきます。だから、今回の解説では、解き方よりも読み方を中心にだらだらと考えてみようと思います。

 まずはタイトルを意識することが鉄則。地球儀。「地球儀の話なのかなー」と考えるだけでは不十分です。「地球儀をめぐっていろんな感情が交差するのかなー」くらいに踏み込んで考えよう。2012年の小説でも同様でしたが、「たま虫を見る」というタイトルで、「たま虫」を見つめる主人公の複雑な考え方がほとんどすべての問題に反映されていました。ちなみに、「僕はかぐや姫」(2006年)や「白桃」(2003年)などでも同様で、タイトルが「仕掛け」を明らかにしている。「仕掛け」(device)とはれっきとした文芸批評用語であって、いわば作者がその小道具に複雑な構造を設定しています。問題作成者としては、作者の「仕掛け」にのっとって、受験者に理解を問うやり方というのが非常に楽ちんですし、そうそう悪問だと非難されることもない。だからこそ、問題を解く側も「ひょっとすると問題を作った人は、この仕掛けについて聞いてくるんじゃなかろうか」と眉に唾をつけて読んでいきましょう。本作品ではとりあえず地球儀が「仕掛け」として現れるのを心待ちにしながら読み進める。すると35行目で押入の中からひょっくり地球儀が出てきます。怪しい。

 主人公は「その地球儀を思い出して一つの短篇を書きかけた」と思い出して、38行目から75行目までその「作中作」が展開する。いわゆる「入れ子型」として、本作の最大の特徴をなしています。こういう場合、それぞれが独立したものであると考えるのは誤りで、この作中作が何らかの形で現在の状況に反映してくると考えるべし。実際、作中作の中で解釈を問う傍線が一つも引かれていないということは、「この作中作が今の主人公の考え方にどう影響するか」ということを問いかけようと物陰で息を潜めている問題作成者の鼻息が聞こえるようではありませんか。「地球儀」という小道具に注目して作中作を読むと、地球儀をスピンスピンする祖父と純一、母の「団欒」風景が書き込まれている。そして、地球儀を指さして父親が日本の反対側にいることがわかり、純一が地球儀を回して「早く帰れ」と願っているという思いが明確になる。地球儀を介して家族関係を読者の前に展開する作者の技量に感心します。どうやら地球儀は、父親とか昔の家族風景とつながっている。一方で「よく江川の玉乗りの真似」をしていたのだから、おもちゃとしても愛着がある。

 ここで問三を確認。母親が「もうお父さんのことはあきらめた」と言い、「胸が一杯になった」主人公は「口惜しさの余り」、「帰るな、帰るな」と言ってみるが、「丁度『お伽話』の事を思い出した処だったので、

突然テレ臭くなって慌てて母の傍を離れた。」

 この選択肢で問われているのは、主人公の二重の感情です。つまり母親の言葉に胸を詰まらせて、母を悲しませる父親への「口惜しさ」を感じて、「帰るな、帰るな」と言ってみるが、先ほどの作中作の中では、地球儀を回して「早く帰れ早く帰れ」と言っていたわけで、ここに感情の分裂がある。だから正解は、作中作で地球儀にこめた父親への感情と、現在母を憐れと思う感情の両面を説明した上で、「テレ臭くなって」しまったことを説明している選択肢を選ぶ。④と⑤に絞って⑤を消去。

 その翌日から始まる法要の場面。会話が中心なので状況や人間関係がつかみにくいかもしれないけれど、とりあえず、親戚からちょっと疎んじられていること、主人公が居心地の悪さを感じていることくらいをざっと確認する。小説を読むのは試験の終わった後でいいんだから、問題にかかわらない文章を熟読する必要はないのです。ここで問四。叔父に父親が外国に長く行っていた理由を聞いてみると、「今これでお前が外国へ行けば丁度親父の二代目になるわけさ」と冗談めかして言う。

「ハッハッハ……。まさか――」と私も叔父に合せて笑ったが、笑いが消えないうちに陰鬱な気に閉された。

 また「心情の説明」問題です。選択肢はややこしいけれど、ここにも作中作における会話の影響が入り込んでいることを考えれば容易に想像がつく。祖父との会話で「大学校を出たらお前もアメリカへ行くのかね。」「行くさ。」と言ったことに加え、叔父と母との会話で「この間も酷く酔って……外国へ行ってしまうなんて云ひ出して……」と、ここまでで主人公の外国行きが二度も強調されている。「まさか――」行くまいと口で否定しようとして「陰鬱」になるのは、この先どう転ぶか分からない、ひょっとすると父と同様の道を歩んで外国へ行くことになるのではないかという未来への不安と、父親に対する複雑な感情があいまった気持ちと考えるのが自然です。答えは②。消去法で決めようとすれば、②か④に絞って②に決められれば上出来か。

 さらに翌日、やはり母親は「地球儀の箱を邪魔にし始めた」、「こうして置いたって何にもなりはしない、いっそ……」と、「地球儀」を捨てようとする。対照的に主人公は「今に英一が玩具にするかも知れない――私はも少しでそう云うところだったが、突然またあの「お伽噺」を思い出すと、

自分で自分を擽るような思いがして、そのまま言葉を呑み込んでしまった。」

 おそらく問五は正当率が低いところであると思いますが、ここまで「仕掛け」としての地球儀と作中作について意識して丁寧に読んでくることができればサービス問題のようなもの。主人公の幼少期を描いた作中作では、地球儀は父の居場所を確認し、父を求めるための道具であった。同時に幼い主人公にとって「玉乗り」の遊具でもあった。問三で見たとおり、母親に同情して父を憎みながらも、かつて地球儀に込めた親しみの情を作中作という形で残している。問四で見たとおり、自分ももしかすると父と同じように外国に行く羽目におちいるかもしれない。父子の物語は繰り返される。かつて主人公が父を地球儀で遠くに夢見たように、主人公の息子である英一が、外国へ旅立った主人公を慕う日が来るのではないか。すなわち、法要前後の現在と、作中作に込められた過去、そしてあてにならない未来という三つの時間が、父、主人公、英一の関係性に象徴されて繰り返されることが、この小説に企図されたことなのです。ここにおいて、地球儀という小道具の意味はいっそう明白になる。スピンスピンスピンして回り続けるその球体は、父子の物語を繰り返し再生せずに入られない業のような存在感を持つ。一応正解である①には、「自分で自分を擽るような思い」を「気恥ずかしさ」と取っているが、正確に言えば、不在であるはずの父の存在を感じ取ることのできる、地球儀を中心とした巡り合わせの頼もしさへの愛惜の念にほかならない。

 問六。①、③、⑤は本文をきちんと読めば簡単に消去できる。④「この引用によって、短篇に幼い「純一」の姿や家族への思いを描いた私の心の動きが読者に印象づけられ、それが私という人物を重層的に描き出す効果を生んでいる」はこれまで確認してきたことをなぞる形である。残った②と⑥を比べると意味の分からない⑥を消去すればよし。

ゼーロン・淡雪 他十一篇 (岩波文庫)
牧野 信一
岩波書店
売り上げランキング: 67,757


センター本番を緊張せずに挑める方法
センター試験会場で見た珍プレー・好プレー2012
2012センター現代文―小説「たま虫を見る」(井伏鱒二)解説
センター過去問って昔ほど簡単じゃね?
センター試験の小説ってイイ話多いよな
センター試験会場で見た珍プレー好プレー2011
2011センター現代文―小説「海辺暮らし」解説
センター試験は難しい
僕達がセンター試験で得た物
「センターの点が最悪で家で泣いている奴」、「センター作成部会はもっと考えて作れや」
センターの結果により精神崩壊したやつ
センター試験前日です。やるべきことは何だ?

>>>《記事一覧

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

2011年センター試験2日目

受験生の皆さん、お疲れ様でした。
一年に一度の大更新終了です。ふいー。

続きを読む

もののけ姫@民俗・神話学板

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1045232665/

1. 天之御名無主 03/02/14 23:24

カミ殺し
(*1)
))ガクガクブルブル


4. 山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM 03/02/15 00:42

傘に足駄と来て、袴などもつければ商人(当時は主に行商人のこと)や山伏
と同じ格好。当時覆面をしていたのは犬神人やイタカなどの特殊な(差別さ
れていたような)人間が中心。
近世以前にざんばら髪をしていたのは主に賤民(主人公が出発時に髪を切っ
ていた)・・・など気になることは多かった。

続きを読む

検索フォーム
最新記事
オススレ
大学受験関連で人から言われた迷言を晒すスレ
医学部目指して後に引けなくなった太郎ちょっとこい
源氏物語の何がそんなに凄いの?
センター過去問って昔ほど簡単じゃね?
センター試験の小説ってイイ話多いよな
なんで理系の人って国語が苦手なの?
学校休んで受験勉強
古文の世界でありがちなこと
教師は社会人の常識がない気持ち悪い職業だと思う
受験少女まどか☆マギカ
【結局】受験の末に悟った事【結局】
愛国心って必要なの?
ぶっちゃけ学校なんて必要なくない?
センター試験面白いほどシリーズの地学の表紙はエロい
センター試験会場で見た珍プレー好プレー 2011
家庭が貧乏な奴ちょっと来い
恋してる受験生
人生やり直せるなら、どこからやり直したい
数学が面白すぎる!!
【目を】受験戦争って差別じゃね?【覚ませ】
国公立大学を擬人化
受験生のこの夏の重要性。
夏休みの勉強時間
古文って意味ないだろ?
予習、復習方法について
「子供の頃の夢」と「現在の職業」教えて!
親がマジでムカツクんだが
受験勉強にノートまとめは一切不要
勉強と部活ってどっちが大事?
「大学どこ?」「東京工業」「どこのFランだよww」
受験生の睡眠時間
英文音読って本当に意味あるの?
宅浪で成功した人、失敗した人
大学受験用語集234
浪人するための心構え
予備校は役に立っているのか???
受験ストレスなのか頭髪に危機感を抱いてきた・・・
親に感動させられたヤシ2
正直Z会と進研ゼミってどっちがいいの?
世界の中に自分がいるか、自分の中に世界があるか
黄チャート「やっぱりあの子がいいの?」
【夏目漱石】Kはなぜ自殺をしたのか?【こころ】
センター試験のときの心がけ
センターで持ってくといいものは何?
いずれ必ず来る 死 について
【センター】現代文語句の意味対策スレ【国公私立】23
勉強してると嫌な事を思い出す
「これ覚えても社会で使うの?」と思った科目・分野
やる気の出る名言を受験生に
受験生が夜ひとみを閉じて独り思うこと
受験を通じてわかったことを書いていけよ
お前らって何のために大学目指してんの?
受験終えた奴が1つ受験の役に立つことを書いていく
大学に落ちたときの気持ちを思い出そう
受験リンク集
一流大学への道
受験勉強法Blog
偏差値30から早稲田・慶應大学に合格する英語学習法
大学受験の勉強法Tips
大学受験HACKS
大学医学部合格の偏差値ガイド(医科大学編)
独学で簿記1級、2級、3級を合格する方法
ここが難しい大学受験政治経済勉強法
大学受験Lab
大学受験合格大作戦
物理の参考書おすすめランキング
【一冊を】武田の受験相談所【完璧に】
英文法道場
楽しく覚える歴史年代
みんなの進路指導室
English Studio
みかん箱で勉強blog
受験勉強AtoZ
浪人大学付属参考書博物館
大学への物理
大学受験☆逆転合格術
英語の勉強の仕方スレ まとめ

大学入試センター
河合塾
代ゼミ
駿台
東進
早稲田塾
四谷学院
城南予備校
市進予備校
臨海セミナー
秀英予備校
北九州予備校
ベネッセ
Z会
大学受験パスナビ
月刊「大学への数学」
学参ドットコム
2ch大学受験板テンプレまとめwiki
大学受験板
大学受験サロン板

今井宏オフィシャルブログ
安河内哲也オフィシャルブログ
ひでにっき(大岩秀樹)
予備校講師日記(志田晶)
金谷俊一郎オフィシャルブログ
英語講師 仲本浩喜 Official Site
当たり前のことながら(西きょうじ)
薬袋善郎の公式ウェブサイト
ドラゴンイングリッシュ 竹岡広信のブログ
坂田アキラのブログ
船口明のオフィシャルサイト
出口汪オフィシャルWebサイト
ここに板野!ニュース(板野博行)
樋口裕一の筆不精作家のブログ
石川晶康のホームページ
日本歴史文化研究機構 <JCIA> (理事長・竹内睦泰)
佐藤幸夫オフィシャルサイト
大堀求オフィシャルサイト
大森 徹オフィシャルサイト
おさむっちぶろぐ(大宮理)
漆原晃オフィシャルサイト
山岡の地理B準備室
メールフォーム
相互リンク・RSS申請はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
10年近く前のHPの形に戻して行こうと思う。
  1. 無料アクセス解析

キサラギ

Author:キサラギ
大学受験生を応援するよ!

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。