スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いずれ必ず来る 死 について

1 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 00:03 ID:9Eb9QSfF

どういう考えを持っていますか。


4 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 00:05 ID:9Eb9QSfF


僕は、怖いのですが、なんというか、
待っている、という感じでしょうか。
とりあえず、魂が残るとは信じています。


6 :musa:04/08/31 00:07 ID:yQBxZMtq

死んだら無になると思います。眠ってて夢みないで目が覚めるときみたいに


9 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 00:13 ID:+kxDP4lS

私は特に怖いとかないです。死んだら死後の世界があるのかどうかわかるし
なければただ無になって自分の意識も存在もなくなるだけです。


10 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 00:14 ID:yv3SDZRT


みんなが思っているほど「心」なんて神秘的なものじゃないんです。
自分では「考えているということ」は複雑な仕組みに思うかもしれませんが
実際には単純な(例えるなら磁気記憶のような)神経細胞のオンオフによる「記憶」と
それを含む「思考」を動かす脳内での化学反応によってのみ私達の「世界」は存在するだけなんです。
死ぬというのは例えばドラクエⅢを床に落としたら冒険の書が消えた上に起動もしなくなった。
そんな程度の現象でしかないんですよね。


16 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 00:43 ID:Wa9xuGty

単純に自分の産まれる以前のあるべき状態に戻る
その状態は認識できるのか認識していても忘れてしまっているのか
何がなんだかわからないが死ぬってことは元に戻るということだと思う


18 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 00:47 ID:6gaZvZpp

考えたって場かな俺なんかじゃきっとわかんないから頑張って目逸らしてる。
今、婆ちゃんがヤバイ。そう遠くない内に誰かが俺の頭引っ掴んで「死」を直視させんだろなぁ・・。
目瞑っても無理矢理開けさせられて・・・・。やっぱ考えたくないなぁ。


19 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 00:47 ID:kZ94ViUj


死ぬ事より、周りの人に忘れられるという事の方が怖いような気がするね・・・


23 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 01:02 ID:LvgsM3YX


小さな蟻でも死を意識する。
屈んで眺めてるだけでは蟻も逃げ惑わないが、こちらが殺意を持って
動くと、立ち所に察知して逃げる行動を取る。

どんな生物も変わるのが怖い。
自分が新たに生まれ変わる生物が解らないから。
それでも生き物は死ななきゃならない。
成長を繰り返し、失敗と成功から反省を学ぶ。
学ばなければ、辛い生と死の流転が続く。

だから苦しい生き方をしても構わないが、悪い生き方をしてはいけない。


30 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 10:56 ID:+9BoiuEe

人間なんて所詮細胞の塊。死んだら無になるだけ


31 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 11:20 ID:Y6KEoptT


>>30
だがお前は気になっている。だからここを覗いた。


36 :  :04/08/31 12:47 ID:GynPleNY

個人的な考えですが。

生まれてきたのは、「経験」を経験する為と思ってます。
死ぬ瞬間、もしくは死んだ後にそれを吟味できると信じています。

未来の自分が、過去の自分を後悔の対象にしないよう生きたいと思います。
濃い経験(生き方)ができれば、すんなり死を受け入れられるかなって。


38 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 13:38 ID:LRkW/keQ

死について考えるとき、その人の生き方がにじみでる。
死ぬときに、
「あ~疲れた・・・」って死ぬ人と、
「あ~充実した人生だった・・・」って死ぬ人がいる。
これって、一日が終わって布団に入るときに、
 日々「あ~疲れた・・・」って眠る人は死ぬときも同じことを思うし、
 日々「あ~充実した一日だった・・・」って眠る人は
  やっぱり死ぬときに同じこと思うらしい。

すごい難しいことだと思うけど、
俺は一日一日を大事に生きて、
死の瞬間に「充実した人生だった・・・」と思いたい。


44 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 21:16 ID:LRkW/keQ

最期に「ありがとう」と言って死にたい。


49 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 21:54 ID:M5Tg4b8J

くいのない人生を送って最後は安らかに眠りたい
たまにふと寝る前に死のことを考えるとやはり不安。
死んだらどうなるんだろうとか


54 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 22:14 ID:JK2UxlMT


いつ死ぬかを考えてるのって、人間(もしくは哺乳類)くらいだよね。
寿命の長さに関係なく、前向きに明るく生きている人が一番得していると思うよ。


60 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 23:09 ID:sJoFlOLu

>>54
いつも思うんだが死んだら得とか損とか無いんじゃないの
立派に生きても死んだら何も感じない、みんなと同じ


59 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 23:03 ID:ZoQgghPD

自分の死は怖くない。別に今死んでも悔いはナイ
親や兄弟や友人が死ぬのが怖い
身近な人の死を乗り越えられる自信がない。


61 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 23:12 ID:XduU7EGV

今の時代、何が殺意の引き金になるか分からないから怖い。
そういうので、理不尽に殺された人がたくさん居るし。
こういう死に様は迎えたくない。


64 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 23:23 ID:MLiUnMG7

ほんと、死ぬ瞬間ってどう感じるんだろうな。
死んで帰ってきたと証明できる人が居ないから、推測しか出来ないな。

私は漠然と、死は怖いな。
食欲や性欲や睡眠欲がなぜ沸くのかと言われたら説明できないように、
死が怖いのも解らん。
ともかく、満足行くように毎日生きようっと。


65 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 23:27 ID:QvHGInnK

小5からの幼稚な考えだけど、死んだら生まれ変わると思う。

どんな生き物にかかわらず、
自分の一番嫌いな生き物に生まれ変わる。
だからゴキブリは多いし
ヒトは増加をし続ける。


68 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 23:34 ID:xQIdEzV1

正直、死後どうなるか興味深々。結局恐いのは「死」の瞬間だよ。
死後については色々な説があるけど、49日間は自由にどこでも行ける
てのは、いい!
たぶん、俺みたいのは浮遊霊になって彷徨い続けるんだろうなぁ~


82 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 00:45 ID:CE0OYf8Z

死とは結局の所、消滅である。輪廻転生なんてない・・・
と、俺は思ってる・・・

だからこそ、死は怖い物であり、人間は何かを無そうと努力する。
そして、次の世代へ手渡すバトンの意味も強く、重くなる・・・


などと、厨房の時の感想文に書いたら、先生に怒られた・・・


85 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 01:21 ID:rhe0rOlG

俺は死ぬ瞬間は寝るのと同じだと思う。
いつの間にか寝ていて、目が覚めたときにはふっと物心がついた。
というか赤ん坊は前世の記憶があるが、しゃべれないうえに記憶があるというだけで
物事を考えられない。そんなこんなである程度知識がついて、自分を認識した時点で前世を完全に忘れ
新しい自分になる。
それの繰り返しなんじゃないかなぁ


91 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 01:58 ID:0/r1ATR5

死の瞬間が怖いという意見があるけど、おれはむしろその瞬間が楽しみだ。
(あ、別に死にたいわけじゃないよ)
でも、単に寝るのと同じのような気はするなあ。

子供の頃、寝る瞬間ってどんな感じなんだろうと、
その瞬間をキャッチすべく何日も眠れない日々を過ごしたけど、
「寝る瞬間をキャッチするぞ!」なんて意識が頭にあるうちは
当然のことながら寝られないんだよね。
んで、結局、知らない間に寝てる。

死の瞬間なんてもんも多分知覚できないんだろうな。


93 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 02:26 ID:rIOBQSBF

よく独身男は一人前でないと言われるが、結婚して子供が生まれると
子供を観察する事によって一番生命として充実していた若かりし頃を
追体験出来るからではないかと思ったりする現在独身素人童貞の漏れ。



94 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 02:41 ID:78caBUUV

死、どうでも良い事ですね。
今来てもいいし、50年後でもかまわない。

夢もあるし、今守るものもあるけれど、
それとこれとは別次元だと思います。

読みかけの本を途中でパタンと閉じるような
人生はその程度だと思っています。

死の後に何かあるとも思いません。


95 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 04:00 ID:jIPfrzZ1

死の瞬間、私も楽しみ。
だからといって、別に死にたいわけじゃないよ。
あと、30年はマジに生きるつもり。
でも、私の唯一の好奇心は、死の瞬間。
体験して、人間が考えたことの殆どは、まやかしだったんだ~と
確認してみたい。


96 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 04:23 ID:uSL3ShLo

死ぬことよりそれまでのプロセスが気に掛かる。
事故や病気なんか苦しい思いするのは嫌だし、年老いて寝たきりになるのは勘弁
してほしい。
電灯のスイッチを切るように、スッと死ねるなら今すぐに死んでも悔いは無い。
死んだ後には何も無いと思う。


98 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 06:44 ID:hKHfbjzm

ずれてるかもしれないが
俺は自分の子供が生まれてから死への恐怖がすごく薄らいだ。
なぜかは全然わからない。
これがいわゆるバトンを渡したという本能によるものなのか・・・


101 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 09:19 ID:TTYMb2wY

漏れは死ぬ時の痛みが一番気掛り。
ちょっと指切るだけでも痛いのに
包丁でメッタ刺しになんかされたらどんなに痛いんだろう、とか
熱せられてドロドロになった鉄の中に落ちるのとか想像しただけでガクブル。
自殺はしたくないから死ぬ時はなるべく痛くない方法で死にたいねぇ。


111 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 16:58 ID:gU5t/gYZ

親友が脳腫瘍でしばらく闘病したあと逝ったんだが、
闘病の様子はそりゃあもう凄まじいものだった
親友を失ったことよりも、病気が進んでだんだん知っている友人じゃなくなっていく、
人間じゃなくなっていく様子を見てしまったことのほうが遥かにショックだった。
今でも悲しみよりも衝撃と恐怖の方が強いよ。

死って本当に怖い。


115 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 19:55 ID:NeaSOcTD

母が進行性胃ガンで死んだけど
末期の変貌と苦しみ様はそりゃあ凄まじいものだったなぁ
体重も30キロ切って、目を見開いて、叫ぶように口をあけたまま死んだよ
安らかに死ねた人は目を閉じて、苦しんで死ぬ人は目が開いていると
何かの本で読んだけど、あれは本当だよね
私はまだ中学生の若さだったので部屋から出されてしまったけど、
体を拭こうとしたら少し押しただけで色んな所から血がドバドバ出てきたらしいしね…
あんな風に死ぬのはイヤだ…寝てるあいだに死にたい
死後どうなるのかより、死ぬ瞬間に安らかでいたい


117 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 03:12 ID:1lcAxd5w

なんていうか、
「自分を中心に世界が回ってる」ってのがやっぱり私の基本で、
小っちゃい頃なんか、寝る前いつも死ぬことについて考えてると、
自分がいない世界なんて...考えられなーい!!死にたくなーい。
って状態になるんだわ。ありえなさそうな事実を受け入れたくないっていうか。

そんな自分も、誰かのために生きてる喜びを味わったら少しは
変わるのだろうか...。
「この人のためなら死んでもいい!」っていうような人ともまだ出会わず。


121 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 16:05 ID:DLG2dBU2

人は誰でもいつか必ず死ぬと判っていながら、普段それを忘れて人生を過ごしている。
生きられる時間が、後どのくらい残っているかなんて誰にも判らない。
辛い事が有れば死んだ方が楽、と考え、良い事が有れば生きていて良かった、と考えたりする。

幼い頃は死が怖かった、もし自分が死ぬのなら、皆の前で看取られながら安らかに死にたいと思った。
自殺したいと思った時に、もし自分が死ぬのなら、自分がこの世に生きていた証拠が一切残らないように
自分に関する証拠を全て消してから死にたいと思ったが、人の記憶まで消すことは出来ないと気付いた。
この世で完璧な自殺は不可能なのだ、だから深く考えずに普通に生きる道を選ぶことにした。

今は自分の置かれた立場を最大限に生かし、自由に楽しむ生き方を日々模索している。


123 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 16:22 ID:0CkbVPXU

死を怖がるこはしないなぁ。
あ、確かに怖くないっていったらウソになるんだけど、
死ぬまでにどれだけ後悔のないように生きられるか。
あと数十年ある人生の中で、自分が生きた証を作って、満足いく人生を
過ごせたらいいなと思う。


126 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 16:43 ID:FhtMHZxU

死んだら、ずっと意識なく眠っている状態になると言うよね。
けど、朝起きた時にいつも思うのだが、「意識なく眠っている状態」
って、それが何時間であろうと何万年であろうとも本人の時間の感覚は
0秒じゃないの?
「死」には時間が存在しないのに「永遠」なんて状態があるの?


127 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 16:58 ID:zZ/th7qF

鬱病だった。今でも死ぬ事を考えるときがある。

自分の死体を見つけた時の家族の表情を考える。
もうこの家で住み続ける事はできないだろう。
小さな甥や姪にはこの事をどう理解させるんだろう。

自宅はやめて外で首でも吊ろうか。近所の河川敷の橋の下か。
誰が見つけるんだろうか。
ジョギング中のおじさんか、犬の散歩中のおばさんか。

ま、その時には自分は居ないからどうでもいいのか・・・
どうせなら見る影も無いほど腐乱した状態で見つかるのもいいかもしれない。
なんて事を考えたりする。


128 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 17:50 ID:VcM1oia4

死ぬまでに、なにか残したいものだ。
出来れば素晴らしく人の心に残るものを。


132 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 23:42 ID:w0CC/1ms

死について考えても、なんともない時もあれば、どつぼにはまって
虚無感に襲われて飛び降りでもしたくなることがある。
一生、この落差繰り返してるんだと思うと、なんかうんざりする。


135 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 23:56 ID:5oNxgdd0

死ぬ事よりも、老いる事の方が怖い。

年老いていく自分を、老人の姿になった自分を想像するのも鬱。


137 :たこ焼き ◆joBfGQIRqA :04/09/07 07:06 ID:whA5n/lG

子曰く いまだ生を知らずいずくんぞ死を知らんや

この歳まで生きてきて未だに 生きる ということがわからない
ましてや 死 とは何か?なんてわかるはずがない

といった意味だったと思うけど・・なんかこの言葉で救われたよー


142 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 08:51 ID:kKPXx8rw

死んだあと永遠と眠っているような状態になって、それでも意識がないから永遠もわからなくなるのは怖い。
ただ、死後違うものに生まれ変わって、死んだあとまた生まれ変わって、
それが永遠と続くのもなんだか恐ろしい気もする。
終わりのない道を歩いているようで。


143 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 11:14 ID:HcnXLfzt

死んだら無になると思います。
昔MOTHER2でプーが「無」の修行をするところで怖くなりました。
周りの人は僕のことを覚えてくれてると思うんだけど、僕が無になって
見ること、聞くこと、考えること、動くことも何もできなくなってしまうと
逆に僕が残された人たちのことを忘れてしまう、というかそうゆうのが怖いです。
死んだらどうなるのか?死んでみなきゃわからないけど、無になるとすると
死んだ後のことは考えらんなくなるから…

てなことを良く考えます。


144 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 13:01 ID:6zdxEQt9

死ぬって関係ないことだよな
俺が生きている間に死は無いわけだし
死んだときに俺は生きてないんだから


145 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 13:53 ID:SQs0qNcj

少し話が変わるかもしれないが、
宇宙ができて約150億年?たってるんだよな。
宇宙ができるのと同時にできた原子、中学あたりで習う原子の性質のなかに、
「突然消滅したり生まれたりすることはない」ってのがある。
つまり自分の体を構成する原子は、150億年も存在してるわけだ。
地球や太陽ができる以前から我々の体は存在していたと思うと感動する(星も原子からできているが
死ぬことは怖いけど、体自体は宇宙の終わりまで存在できるんだ。
決して無にはならない。 

この世は気前のいい構造でできているな^^


146 :たこ焼き ◆joBfGQIRqA :04/09/07 14:00 ID:whA5n/lG

過去に2度ほど心肺停止状態から蘇生された人からお話を聞いたことがあります
それまで妻や子供に恵まれ平和な日々を送っていたのですが、深夜突然心臓発作を
起したそうです。幸いにも隣に寝ていた奥さんがすぐに気づいて救急車に連絡、
救急隊員の声が微かに「生きる意志を持って下さい!生きようとしてください!」
と聞こえたそうです。
病院内で目覚めた彼は死後硬直が始まってから蘇生したので僅かな音(例えば靴音)
でも全身に激痛が走ったそうです。
その後、彼は妻子と別れ 人生観がすっかり変わってしまい「お寺めぐり」など
をしながら残りの人生を生きています。
彼曰く「死ぬ時はひとり・・・どんなに幸せでも・・・ひとりぼっち・・・」


150 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 18:17 ID:mMVq4XJm

これは俺の考えなんだけど、死ぬと、
あらゆる時代の、あらゆる生物として産まれてくると思う。
たとえば、俺が死んだら、次は、このレスを読んでるお前として産まれてくる。みたいな。
つまり、大嫌いなあいつも、
踏み潰した虫も、
庭にはえている雑草も、
地球も宇宙も、
全て自分

だから他人を思い遣れば、結局自分に+になるのさ
という考え


166 :本当にあった怖い名無し:04/09/10 22:18:47 ID:Vi4izMf3

やがて来る死に向かって、種を存続させるためにDNAを残す。
引き継がれる命。通過点にしか過ぎない自分の命。
あらゆる命の情報を詰め込んだDNAはどこへ向かって進化をし、
何に対して情報を残しているんだろう?
自分はその通過点にしか過ぎない。
ただ種を残すためならば、死ななくたっていいのにいずれ自分と言う個はなくなる。

そう思ったら生きるのも死ぬのも怖くなってきたよ。


167 :月見の銀次 ◆IHLbs/YhoA :04/09/10 22:26:16 ID:6chM7V1W

自分や、その他いろいろな生き物は、
海から跳ね上がった雫のようなものだと感じている。

跳ね上がったとき、光にてらされたのち、また海へと戻っていく。
海に戻ってしまったら、その雫は見えなくなるけど、なくなるわけでもない。

たわごとだから、流しといてくれ。


172 :チャッチャ:04/09/10 23:31:00 ID:lMW6vFCy

死んだら無になるという意見は怖い
自分が自分の存在すら感じられなくなるって恐ろしい
「死」ではなく「無」が怖い
全く知らないどこかでも今よりひどい場所でも
自分を感じていられればいい
誰にも気づいてもらえなくてもいい
自分だけがこの存在を生かしていられると思うから、、

お化け見るのも怖いけど、その存在を否定すると死の先に無がやってくる
私はすんごく怖がりなんです、、


173 :本当にあった怖い名無し:04/09/11 00:08:14 ID:dJCIjsts

死んだならどうなるか?
子供のころ真剣に悩んで眠れなかったこともある。

高校生の頃、中学で仲の良かった奴が自殺した。
自殺の原因はいじめだった。
そいつは死後半年間も行方不明で夏を越え、世間が冬を迎えた頃に見つかった。

死ぬって事は確かに怖いことだと思う。
そんなときはあいつのことを思い出す。
あいつは死んでしまったけれど、きっと今も俺たち仲間の中で生きている。

肉体は滅ぶ、いつかは滅ぶ。
自分に死が訪れて自分が自分を認識できなくなってもきっと誰かが覚えていてくれる。
偉人の歌碑のように形は残らなくても、どこかに必ず自分の生きた証というものは残ると思うから。
今俺は死ぬことを怖いと思うのと同じくらい死ぬのが怖くないと思う、不思議な矛盾。

だから今を生きる、死ぬってそういうことだと思う。
長文スマソ


178 :本当にあった怖い名無し:04/09/11 10:59:30 ID:V7TICdkV

このスレを見ていたら死の恐怖が若干薄らいだよ。
「自分自身の死」についての恐怖が軽減されるのと同時に、
過去に死んでしまった親しい人たちへの気持ちも なんつーか辛さみたいなのが軽減された。

遅かれ早かれみんな通る道だもんなぁ。


180 :本当にあった怖い名無し:04/09/11 12:50:40 ID:AP3LKK/m

世界(魂が行き来する一定の範囲)の魂の数は常に一定である
という話を聞いた事がある。
つまり、無に消える魂は無いということかと。
だから安心しろ。みんな虫などに産まれ変わるか、浮遊霊としてふわふわ漂うさ

おれは次回カモメかイルカになりたい


188 :本当にあった怖い名無し:04/09/13 19:06:57 ID:2P+ci5QX


別に自分の死がどんなもんだろうが興味ないけど、親や兄弟、仲間なんかの
死に直面することこそが、俺自身が真剣に死というものと向き合わざるを得なく
なるシチュエーションなんだろうと思う。
俺の死を考てくれるのは俺の役目じゃなくて、俺と何かしらの繋がりのある人間の
役目なんじゃないかと思うし、それが居ない人っていうのは・・・寂しいよな。
だから生きてるウチはヒトとうまくやって生きたい。

個人的な意見としては人間の死は、単に木が朽ちてそれが土へ還ることと、なんの
違いもないと思う。生きてる人間がその木を思い出すことだけが唯一の存在意義
だと思うし、しかしそれこそが全てなんだと思う。


203 :本当にあった怖い名無し:04/09/19 20:15:09 ID:YCTSTrDI


死ぬのは怖くない。怖いのは死ぬ時に味わうかもしれない苦痛。
それと自分が死んだ時、残された人たちがどれだけ悲しむかを考えるとまた死ねなくなる。
自殺する人は何も考えられないくらい心身喪失状態なんだろうな。


204 :本当にあった怖い名無し:04/09/19 21:12:31 ID:yRdsRdwm

自分がいつ死ぬか、死期を知りたい。
ゴールがいつかが判れば、辛い人生の道標にはなりそう。
辛くて苦しいのが永遠に続くと感じるから今死にたくなる。
死期が近いなら生きてみるし、遠いなら我慢しきれなくて自殺するかもだけど。自殺はするなと言われても、死なれたら辛いんじゃなくて、皆、死なれちゃ困るから引き止めるんだろな。 いつ死ねるんだろう。早く死ねたらいいのに。


205 :本当にあった怖い名無し:04/09/20 00:17:10 ID:sBH9iodI

自分は高齢者の福祉関係の仕事してます。
素敵な年のとり方をしてる人もいればそうでない方もいます。
でもいずれは自分の体も思うように行かなくなり自分が
自分でなくなっていく…。
この仕事をしていて生き方老い方死に方を教わってるような気がします。

なんか人生には引き際とそれを自分で選ぶ勇気が必要なのかなって
考えるようになってきた。
可能なら私は自分で人生の幕を引きたいと思う。
問題はそれを叶えるだけの勇気があるかだけど…。
人以外の動物って自分で生きる力を無くしたら淘汰されちゃうよね…。
こんな仕事してる自分がいうのもなんだけど人ほど不自然な生き物って
いないと思う。
自分の生命力、能力を発揮して生きるのは素晴らしい事だと思う。
でも生かされてるような不自然な生き方ってどうなんだろ…。


208 :本当にあった怖い名無し:04/09/20 02:11:41 ID:fCoS68Hh

自分の死も怖いが他人の死も怖い

親がこの世から消えた事が何年たっても理解できない
「何をしても永遠に会えない」ことを納得できない
自分の知覚できないどこかの世界で存在しているんだと信じてる
信じ込ませている
そうするしかない
そうでないとどうにかなってしまいそう。
だってあの温もりにあのまなざしに永遠に会えない・・?何万何億年たっても?

今でも考えると気が狂いそうになる


210 :本当にあった怖い名無し:04/09/20 03:16:00 ID:/9vAzPlK

死はやはり怖いと思う。
なぜなら、どうがんばっても理解することができないから
人間は理解できないものに恐怖する傾向がある。
他人も、ブラックホールも、虫も、自分も、みんな怖い。


213 :本当にあった怖い名無し:04/09/20 04:06:28 ID:eyrLhOqC

死ぬときは死ぬんだし、それまでに人生楽しもうと思ってるだけ。
成功でも失敗でも楽しければ問題ナシング。


216 :本当にあった怖い名無し:04/09/21 11:32:49 ID:PWQx7HlF

俺は死ぬことに対しては恐怖と興味の両方の感情を
持ってる。確かに死ぬのは怖いけど、死んだ後って
どうなるか誰も知らないよね。

意識も何もかも全て消え去って、完全に自分が無に帰してしまうのか?
それとも死後新たな世界(ステージ)が存在するのか?
それは誰にも解らない。死はその疑問に一発で回答してくれる
ある意味人生のクライマックスの一つだと俺は思うんだよね。

だから、勿論死ぬことに対して恐怖は感じてるけれども
ある意味楽しみでもある。でも俺的には自殺は論外、
天寿は全うします。


219 :本当にあった怖い名無し:04/09/21 13:50:17 ID:SGokOGz5

生命は生命のちからで生きている。
悲しみや苦しみの中でも私たちはその美しさを知ることができる。
死を否定すれば生命を捨てたも同然、なぜなら滅びは私たちの暮らしの一部になっているからだ。
悲劇や愚かさもその一部、だからこそ喜びや輝きもまたあるのだ。
いづれ死ぬ事は絶望ではない、生まれた場所に帰る事である。


220 :本当にあった怖い名無し:04/09/21 13:58:01 ID:8UUp1YAy

かぜのたにの~
なう~しか~


225 :本当にあった怖い名無し:04/09/23 02:06:22 ID:AJ13DohY

俺は生まれ変わる事が怖い。
死んで無になれるなら、楽な死に方を探すと思う。
生まれ変わったら、今の意識もないだろうけど
自分の来世が、またこの生きる苦痛を味わう事が怖い。


226 :本当にあった怖い名無し:04/09/23 02:44:21 ID:8nW2INuK

本当は死んでいるというか、今の自分は死ぬ寸前の
走馬灯の中に意識が入り込んでるんじゃないかとか思うときがある
自分が人生の岐路を選んでいる気でいるが、本当はいままで生きてきた人生をただなぞっているだけかも?と思ったりしている。


231 :本当にあった怖い名無し:04/09/23 23:16:14 ID:4aqeowUV

>>226
前世をなぞってるのかどうかは知らないけど、人生に岐路なんて
ないかもね。 人生を振り返ったら綺麗な一本道だもんな。
人は一番楽な事しかしないので、自殺も殺人も奉仕も苦行も
同じレベルでしかないと思う。


233 :本当にあった怖い名無し:04/09/26 12:44:03 ID:npWlGbxS

自殺未遂を何度もして、周りに迷惑をかけた。
今思うことは、そうして生き長らえて、
美しいものや愛にもふれた。
苦しくつらい経験もした。
それを乗り越える経験もできた。
機会がくるまで、まだ、私は死ねない。
今ははっきりとそう言いきれる。


236 :本当にあった怖い名無し:04/09/28 07:19:34 ID:eZ1vjBy2

>>233
同感!

昔 酷いイジメで死にたいと思ったけど 死ねなかった。
間一髪で交通事故にならなかったことも何度かある。
今は死ぬときじゃないんだ、この世の役割が済んでないんだ、と思える。
その役割のひとつは わかった。
子孫を残すこと・・・我が子を見ながらそう確信している。
この子が成人するまでは頑張ろう。


239 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 02:28:10 ID:mXTArJoB

人間いずれは死が訪れるのはわかっている。
でも、事故とかで突然死んでしまった人の事を考えると
人生のはかなさと、日々の努力が自分にとって意義があるものか
どうなのか?考え込んでしまう時があります。

私の知り合いが数年前、交通事故で即死したんですよ。
車を運転していて、相手側の車が100%の落ち度だったそうです。
彼は健康でハツラツとしていた人で仕事も頑張っていた。
将来の展望や備えなどを考え、転ばぬ先の杖とばかり
いつも先を見越して人生設計を立てていた人でした。
それが一瞬で途切れてしまったなんて。
周囲のだれもが暫くの期間ポカーンとなってしまった。
ほんと、人の運命はわからないと思いました。
そのことがあって以来、私はなるべく中途半端なやり残しを
しないように心がけています。それと、定期的に自分の意向を
ノートに書き机に置いてあります。


240 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 02:51:41 ID:ezE2mbVZ

自分が生まれる前の世界=自分が死んだ後の世界
とすると、俺たちは既に死後の世界を体験しているってことにならない?


249 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 06:07:33 ID:uEb8YTxl


 泣いても死ぬ、笑っても死ぬ、満足しても死ぬ、不満でも死ぬ。死という事実の本質は、人間の感情には左右されず、何一つ変わらない。
 人間、定命のあるうちはどんな逆境でも生きていられるが、定命が尽きれば、どんな順境にあっても死なねばならない。それは天地の意であって、人の知るところではない。
 自己満足の一所懸命とか努力など、天地の力の前には何ほどの事もない。天地の間であるべきようにあり、生きるように生き、死ぬように死ぬ、人はそれだけでいい。


254 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 14:53:51 ID:8TX7qaEY

>自己満足の一所懸命とか努力など、天地の力の前には何ほどの事もない。
>天地の間であるべきようにあり、生きるように生き、死ぬように死ぬ、人はそれだけでいい。

簡単に言うけど
生きるように生きる、ってすごく難しい事だぜ


255 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 22:18:29 ID:HY7Ym1bx

死んだら無になるってのは別に怖くないけど、例えば事故なんかで植物状態ってのはイヤ。
自分的には「死んで無になった~」なんて思ってても(まぁ思えないんだけど)ところがどっこい
実は体だけは生きててオムツの取り替えや痰の吸引を何十年も母さんにやってもらう、みたいな。
でもその自分の姿を認識すら出来ない。


258 :本当にあった怖い名無し:04/09/30 19:12:10 ID:C6sQPWuF


ねぇ、みなさん聞いて下さい。
いや、聞かなくてもいいかな。 携帯で書いてるから、見にくい!って怒らないでね。
最近、「死」 がすごい怖いんです。 もう尋常じゃないくらいに。 「自分」が無くなる。って真面目に考えてみて、不安でドキドキが止まらなくなるような毎日なんです。
自分が無くなることも当然怖い。 でもそれ以上に怖いのが、両親とか身の回りの人の死なんだよね。 居て当然の人がいなくなるって滅茶苦茶怖いんです。
「必ずくる事」ってわかってるからさらに怖いのかな? 18才にもなって「死」に覚悟する事もできてねぇでやんの~。って言われるかもしれないけど、マジ怖い。 はぁ・・・。 自分何書いてんだ?って文章だね。
自分の馬鹿みたいな不安を誰かに聞いてほしかっただけだから、許してちょうだいね。


260 :本当にあった怖い名無し:04/09/30 23:58:36 ID:p33K5CEf

私は>>258の気持ちわかるけどな~
心が落ち着いている時に死んで全くの無になる(ここではとりあえず死後は無
ということにしておく)状態をじっくり想像してみる…
自分が全く無い、何にも無い…やっぱドキドキしちゃうよ

私の大切な人は今のところ健康だけど、いつか必ず死んでしまうんだよね。
その事実を受け入れようと頑張ってみても、いざ死なれると大泣きしてしまいそうだし。
じいちゃんばあちゃんが死んだ時も、今まで動いてて、ちゃんと喋っていたのに
もう動かないんだ~って思ったら、不思議な感じになって、その後悲しくなってきた。
年を取ればこんな恐怖も消え去るのか??


263 :本当にあった怖い名無し:04/10/01 01:00:09 ID:kJX1PqaB

死んだら それっきりと思うから怖いのかな。
私は死後の世界もありかなって思ってるから 全然怖くないよ。


268 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 01:09:48 ID:e0e4Ouq/

死後まで「死後の世界」なんてあったらそれこそ地獄だよ。
天国だろうがなんだろうが、まだ続くのかよ・・って感じ。

死んだらそれでハイ終り。
それでいい。
死ぬことより、なかなか死ねずにだらだら苦しむのが怖い。


270 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 02:45:52 ID:rOjCsGkV

永遠に続くのと死んだらおしまい、どっちが怖いんだろう。
人の一生は短すぎるね、300年くらい寿命があれば死ぬのも怖くなくなりそう。


273 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 04:39:39 ID:YW/FcoJW

「自分はどこから来てどこへ行くのか」という言葉ほど
明確に生と死を捕らえたものはないとおもう。
自分という意識はなぜこの肉体に宿り意識として自分の精神が存在するのか。

他人を見てみよう。赤子の脳が発達し、その脳という名の計算機は
やがて自我に目覚め、成長し、生命としての機能が停止することにより死を迎える。
これは完全に理解できることだ。
それでは自分の場合はどうか。自分のいる入れ物が生まれ、
入れ物のパーツである脳が発達し、自我が目覚め、死へ向かっていることは理解できる。
だが何故この入れ物なのか。偶然の重なりで生まれた入れ物。
もし、たとえば他の精子が卵子に受精していた場合、この自己の意識は
その入れ物には入らないのだろうか。
この自意識は死とともにどうなる?霊魂などは信じない。言い訳に過ぎないから。

猛烈に生が怖くなってきた


278 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 08:18:00 ID:drdafptz

>この自意識は死とともにどうなる?霊魂などは信じない。言い訳に過ぎないから。

漏れもすぐに幽霊とか天国とか考えるのは嫌だけど
この自意識というものが、100%、自分の脳内処理の結果の産物かどうか?
ってことは、それこそ死んで見なきゃ分からないしなあ


276 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 08:09:07 ID:hDhYG7ep


自分が自分で居られなくなるのが怖い
こうして考えることもできなくなり意識が消えるという意識も感じない
死ぬことよりも死ぬまでの過程のほうが怖いかもね


283 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 22:41:46 ID:zQtlQpKw

あのさ、誰か教えて。「死後の世界」。
信じてるわけじゃないんだけど、もしあるとしたらどうゆう 「形」 でそこに行くのですか?
生前の姿?それとも「意識」と呼ばれているものだけ?
もし「意識」だけなら、真っ暗闇の中に 無意識状態の意識 だけがフワフワしてるだけなのかな?
目とか脳があるわけじゃないから、今ある体の機能が全て消えるんだよね。
怖いなぁ。 考えるとキリがないやね。


284 :本当にあった怖い名無し:04/10/04 00:04:27 ID:/fn0OC2A

>目とか脳があるわけじゃないから、今ある体の機能が全て消えるんだよね。
そう考えると脳が消滅した時点で自己は消滅するね。
何かを感じる事も出来ないし、考える事も出来ない。記憶すらない。
仮に死後の世界があってそこに行ったとしても、それを自覚できないわけだから、
結局無いのと同じだね。


285 :本当にあった怖い名無し:04/10/04 00:11:43 ID:nFJlGhPg

心霊肯定か否定かで違ってくるんだろうね。
肯定なら 肉体が滅んでも魂が残るから 死後の世界あり。
否定なら 肉体が滅んだら全てが無に帰す。


288 :本当にあった怖い名無し:04/10/04 04:32:15 ID:/fn0OC2A


仮に魂という存在があったとしても、
エネルギーの塊みたいなもので自我はないんじゃないだろうか。
魂が肉体に宿って初めて感情やら感覚が発生するんじゃないかな。
魂単体に五感があったり感情があるとしたら、体の機能はただの飾りになっちゃうよね。
目を失えば見る事は出来ないし、耳を失えば聞く事はできない。
脳を含めた体の機能がすべて消滅した時点で
そこからは無に等しいと思う、魂だけが残ったとしても。

なんて書きつつも個人的には死後の世界はあってほしい・・・。
思い出がなくなるのは嫌だ・・・


289 :本当にあった怖い名無し:04/10/04 07:31:23 ID:nFJlGhPg

魂は 肉体の器官に依存しないから 意思を保てるぞ。
なんで?って 聞かないでくれ。
よくわからんが、霊感のある連中がそう言ってる。
3次元の物質界とは異質のものらしい。

信じるか信じないかは 自由。


298 :本当にあった怖い名無し:04/10/05 00:45:22 ID:VdxV08jZ

死ぬの怖いです。
たとい、死後の世界があったたとしても、
その死後の世界が平穏なものだと保証があるわけでもなし
それに、みんなと別れるのが凄く嫌です。
自分が死んだ後の、残された人達の事も心配。
空気とか悪いところで、やっとの思いで暮らしてたりしたら
別に偽善じゃなくてもいや。
最後地球も寿命を終えなくなったらって思うと、凄く寂しいのです。


315 :本当にあった怖い名無し:04/10/08 00:16:46 ID:4AA5B6td

死のイメージが孤独で寂しく、苦しいものとしか
考えられないので、寝つきの悪い夜に想像してしまい
軽いパニックになったことがある。
事故や病気でなく老衰まで人生をまっとうできる人は
ほんの一握りだろうし・・・


321 :名無しさん:04/10/08 04:03:20 ID:JkHKysmj

どんなに長生きしようとも、人間は、いつかは死が訪れるからなあ。
生まれてきたからには死ぬときがくる。
この世に生まれてきてしまったからなあ。
いつか死ぬときがくるなら生まれてきたくなかったと思うときもある。


323 :名無しさん:04/10/08 04:10:23 ID:JkHKysmj

地球という星の日本という国に生まれてきて良かった。


324 :本当にあった怖い名無し:04/10/08 05:54:38 ID:DJmr5AEF

何があろうとも100%確実に自分は死ぬんだって考えるとやっぱ怖いね。
絶対に例外はないんだね。


326 :本当にあった怖い名無し:04/10/08 12:22:49 ID:oukGQ3+m

死はいずれではなく常にそばにあるものだよ。


328 :本当にあった怖い名無し:04/10/08 22:42:02 ID:c74Vn+nF

皆さんの書き込み読んでいると、
出産のこと思い出すなあ。
妊娠中、いつかは出産しなければならない
苦しいだろうなあ、つらいだろうなあ、できるかなあ
と、不安でいっぱいになる瞬間があった。
出産が始まったとき、
この苦しみはいつ終わるんだろうという思いで一杯だった。
出産は、生きてきた中でも、すごく宇宙的な経験だった。
そして、終わって安堵した。
しばらくの間は出産はこりごりと思っていたけれど、
時間がたってみると、もう一度出産したくなった。
どう?やっぱり、生と死って、似てない??


333 :本当にあった怖い名無し:04/10/09 15:01:22 ID:ar0CIItl

んん~、死ぬ間際の瞬間っていうのは、っていうのもこれは病死とかの場合で、
自殺とか轢断死とか瞬間的なもので死ぬのではなくてじょじょに命が消えていく
場合なんだけど・・・、
体が死を理解していくのと同時に、脳波はそれに合わせて人に幻覚を見せるそうだよ。
たとえばそれが、花畑だったり、たくさんのチョウチョだったり、親しい人の姿だったり・・。
最後に見たい、と望んだ世界だったりね。
観念しているまさに最後の瞬間、らしいけど、死ぬときは恐怖を感じないように、
脳内でそういうものを見せるようにできているらしいね。
前にTVでやってたっけ。
それを聞いたとき、なんだか気持ちがとっても、あったかくなった。
おそらく人間を創ったと思われる「誰」かが、最後まで人間を愛してくれているんだなあ、って。
でも、それは自殺やなんかで自分の命を辱める行為をした人にではなく、
苦しくても最後まで生き抜いた人に対する敬意なんだろうな。

自殺したら幸せになれないんだろう。最後の最後でも。


339 :本当にあった怖い名無し:04/10/13 22:33:06 ID:PF/OmUgm

>>333
臨死体験ってやつだね。臨終の際に脳内麻薬がドバーッと出るという。
末期癌とかでも、最後の最後には安らいだ表情になることもあるというね。
漏れの考え(あくまで、漏れの考えね)としては、

先史時代の人間(あるいは類人猿、それ以前の猿まで遡るかも)の群れの中において、なんらかの理由で誰かが怪我or病気になった。
怪我or病気が軽い場合→苦痛を感じてうめいたりすると、仲間が助けてくれる。
怪我or病気が重い場合→どうせ助からない。苦痛でうめいたりすると、群れが肉食獣に襲われる危険。迷惑。

どうせ助からないなら、群れのために、静かに死んでくれー。
そういう進化圧が働いたのではないか?
こんなことを思う。


337 :本当にあった怖い名無し:04/10/12 00:13:30 ID:RJH9VxER

脳腫瘍になった親友がいる。
詳しいことは聞けないが、多分助からない。
俺の顔は覚えてるけど、前見舞いに来たのはいつだったかという問いには答えられなくなってる。

母親は、あと一年くらいと医者に宣告されたらしい。

俺は、この友人とどう接して行けばいいんだろう。


338 :本当にあった怖い名無し:04/10/12 23:36:20 ID:BK8wOcdl

今だけ見て付き合えばいい。
ここで悩んで引いたらお前が後悔するだけ。


342 :本当にあった怖い名無し:04/10/17 19:28:11 ID:m4On5sJr

宿命とか命運って逆らえないようなものだと思うね、…最近。

病気で終わる時って、やっぱり幾ら押し止めようと医者や
家族が頑張っても、結局駄目みたいな気がするわ。
でも、必死で頑張ってる本人の前で諦めは見せられない。
一緒になって、やるだけ尽すよ。
人生の最後だってのに大変で可哀想だけどな。


344 :本当にあった怖い名無し:04/10/20 21:01:58 ID:q8f3kNdd

葬式というのはまさしく生きている者の為にある儀式だ。
理屈ではなく全身で実感した。


351 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 21:58:57 ID:fVlb/AEy

若く健康に生きられる。
としても、永遠に生きるのは嫌かもしれない。
もし不老不死の生物がいるとしたら
その心のうちは一体どんなものだろうと想像する。
退屈かな。退屈すぎて死にそうだ、と思うかな。
永遠の命に死はないのに。

でも結局は想像だけで終わる。
分かりたいとは思わない。


356 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 12:39:22 ID:9ki1ps4c

死ぬこと自体の恐怖より、死に至る過程がどうなるか分からない方が怖い。
病気でじわじわ、とか痛みにのた打ち回って、とか誰も知らない所で一人で衰弱とか。
ボケてしまったら本人は幸せなんだろうか。
周りの世話する人にとっては、生き地獄だろうけど。


359 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 02:37:34 ID:M3m2HDs9

寝てるときって夢見たり、目が覚めたときに「だいたい何時間寝たか」なんとなくわかったりするんだけど、
何年か前、手術するので全身麻酔をしたんだけど、それは目が覚めたとき、眠ってるあいだの時間の感覚が
すっぽり抜け落ちてたんだよね。手術台の上で麻酔を吸引した次の瞬間にはもう手術終わってて、それが信じられなかった。
死はあの感覚なのかなと。夢さえも見ない、寝心地いいも悪いも全く意識もない状態。


383 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 00:50:59 ID:miaNOxhi

>>359
俺もあるよ。全身麻酔。
確かに目覚めたときは「あれっ?」という感じがした。
眠らされている間の記憶がまったく無い。
不思議な感覚が心地よいのと、
まだ麻酔の余韻があって半分夢の中な感覚。
しかも物凄く深く熟睡したという満足感。
はっきり言ってまたやりたい・・・。

でも、麻酔は目が覚めるから心地よいのであって、
二度と目が覚めないのを宣告されたら・・・想像すると恐ろしい。
まあ、宣告されずに麻酔打たれて、そのまま死亡なら何もわからずに万事OKだけど。


360 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 03:12:15 ID:m5nHRMK6

>>359
俺もつい最近全身麻酔をしたからわかるな。
「寝ている」感覚とはちょっと違うよね。時間の感覚は一切なかったよ。
あっという間に麻酔が効いて次の瞬間にはすべてが終わってた。
死んだ後もそんな感じで次の人生が始まったらいいんだけどね。


365 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 01:21:02 ID:FZZCh4OB


死ぬのはこわくないし、
自分の魂にも執着はありません。

ただ痛い思いだけはしたくないんです。
でも痛い死と痛くない死だったら
痛い死のほうが圧倒的に多いんだろうな。
ああ、痛いの嫌い。


367 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 21:02:45 ID:GDisgMpI

俺も死については、考えたことある
死ぬことはある意味楽しみなんだけど、死ぬ間際の苦痛を出来れば避けたいんだよなー
癌の末期の苦しみは、人間の苦痛の中でも最大級の痛みらしいし
一度貧血で倒れたことあるけど、ああいう感覚で死にたいわな
(突然目の前が真っ暗になって痛みなんか感じなかった)

でも、神は実在するのか、そこに居る知的な霊?の方に、
今疑問に思っているあらゆる事を質問してみたいな
もし、そういう世界があればだけど


373 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 00:59:56 ID:Q88wnWQ8

死ぬってこと、それ自体はなんかピンとこない。でも、家族や友達ともう二度と会えない、
そう考えると涙出てくる。死にたくない、じゃなくて、別れたくないって気持ちが強い。


374 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 03:56:53 ID:nhoK8Wl9

どんなに立派な人でも通り魔に襲われて悲惨な殺され方したりするし、
一方で、大虐殺者ポルポトは、最後は床の上で死んだ。

結局善や悪というのは人間の作り出した価値観に過ぎない。その証拠に
ある文化では悪とされることが他の文化では善であることもある。

そうすると、結局自分のやりたいようにやった奴の方が幸福ではないかと
思えるようになってきた。逆にいえば、他人のために尽くすような生き方が
「幸福」と感じるのならそう生きればいいし、思わないのならひたすら
自己中心的に生きればいい、ただそれだけのことではないだろうか。


375 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 06:08:26 ID:EjOOoDID

今生きてる人生が楽しければ楽しい程生への執着心が強くなって
死の恐怖が増すんじゃないかな
いつ死んでもどーでもいいやって感じのが楽に死ねそう
まー老いていけば
そーゆー考えも無くなるのかも? とふと思った日曜日の午前六時過ぎ


376 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 23:29:19 ID:/sQZDF9e

>>375
中途半端に現状に満足してないやつが一番執着しそうな気がする。


378 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 13:32:36 ID:njlH/lnp

子供の頃に気がついてしまったんだが、
人間って、ひたすら、死ぬ瞬間に向かって歩みつづけてるんだっていうこと。
そのことに気づいたとたん、生きてるのが虚しくなった。
実は、自分の人生なんて、ものすごくでかい人が見ている夢なんじゃないかとも思った。

ずいぶん後になってからだ、乱歩の名言を知ったのは。

     うつし世は夢、夜の夢こそまこと。


386 :本当にあった怖い名無し:04/11/24 19:15:50 ID:53+vSt/N

この世界、つまるところ宇宙は無のゆらぎから生まれたという。
そして物理学的に全ての物体は必ず安定を求める。

とすると、死こそが最も自然な有り方では無いだろうか。
生はゆらぎが生み出した蜃気楼のようなものかもしれない。


390 :本当にあった怖い名無し:04/11/30 21:11:14 ID:UY5JZMaP

85年生きるとして、
秒数換算で268239600秒
日数換算で31046日
週数換算で4435週

だけれども、平均寿命まで生きられるとは限らない。
一瞬一瞬を大事に生きないと勿体ないなと感じますた。
(´・ω・`)


392 :本当にあった怖い名無し:04/12/01 05:56:40 ID:5ss5jbX+

平均寿命まで生き残れる確率ってどれくらいだろう。
その時点で同級生は何割生き残ってるのかな・・・
1人だけ長生き出来たとしてもそれはそれで寂しいね。


397 :本当にあった怖い名無し:04/12/19 01:52:39 ID:DQwbtfUa


死んで、何もかも無くなるのは怖い。
でも、輪廻転生でいつまでも生きるのも怖い。

今は死にたくない。


398 :本当にあった怖い名無し:04/12/20 17:54:43 ID:aFOKbYOb

実はしぬことはたいした事じゃないかもしれない
でも生きてる人にとってはこの世で変えることができないルール
でも永遠に続く長い長い道よりはいいんじゃない?


407 :本当にあった怖い名無し:04/12/23 03:07:09 ID:0CRQLhgP

どうせ死ぬなら何をしたって平気と思うんだろうけど
他人を殺すってのはどういう心境だろうな。
それが一番したかった事なのかと。

俺は死の宣告されたら勇気を出して好きな人に告ろうかな・・・
告られた方には迷惑か・・・orz


408 :本当にあった怖い名無し:04/12/23 05:11:06 ID:levkxFq+

いずれ死ぬんだからさっさと死にたい。
人間なんてどうせ死ぬ為に生きてんだから無駄に長生きしたって意味無いよ。
死後の世界が有ろうと無かろうと知ったこっちゃ無い。
どうでもいい。


409 :本当にあった怖い名無し:04/12/23 05:31:13 ID:5ugxVqik

ならなぜ今生きてるの、そんな君は今生きてるよね?と問いたい


410 :本当にあった怖い名無し:04/12/23 09:16:11 ID:7RLXX2D8

『眠るようにスウッと逝く』なんてーのは本当に少ない気がする。
生きれるだけの期間をちゃんと生ききった人が、“お迎え”に乗って
肉体を抜けるっていう苦痛の無い移動なのかもしれない。

日々ニュースで流れる理不尽な殺人事件を見ていると
きっと自分の死はこんな時代に流されていくもので苦痛が伴うものだろうと
考えて怖くなってしまう。
貧乏クジが当たる確立が高い人生だからきっと死も同様なのかもね。
小学生の頃にコックリさんを友人等とやった時に、私はいつ死にますか?と
聞いてしまったんだけど
『40代に、飛行機かクルマの事故で死ぬ』と答えられたのが、いまだに
頭の隅っこにある。


423 :本当にあった怖い名無し:04/12/24 10:07:19 ID:f95dpp/K

いままでは「生きてんのマンドクセからいつ死んでもいいや」と思ってたけど、
こないだ山行って洒落にならないくらい危ない目にあって「なにがあっても死にたくねえ」
と思うようになった。


432 :本当にあった怖い名無し:05/01/02 00:28:03 ID:ZBrErGBy

人生最大の勝ち組は今際の際に笑えたものである。
私も笑って死んでいけるようになりたい。


死に至る病 (岩波文庫)
キェルケゴール
岩波書店
売り上げランキング: 20444


 ・なぜ自殺 はいけないことなのか?
 ・いじめはやられる方が悪い
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

44 : No title

ふと考えちゃうよな。俺と言う自我は死んだらどうなるんだろう

45 : No title

私も時々ふと考えてしまう。頑張ったこととか悲しかったこととか嬉しかったことが死ぬ事によって全部「無」になってしまうことが怖い。私が死んだら誰が葬ってくれるんだ、誰が泣いてくれるんだ

1169 :

オレはもし残り少ない人生なら自己満足に生きて自己満足で死にたい。どうせ、この世から消えていく命だ。寝たきりや植物人間なんてつまらない。人生寝たきりや植物人間で生きても意味がない。自分にとってそれは価値がない。自己満足こそ我が唯一の価値観。
検索フォーム
最新記事
オススレ
大学受験関連で人から言われた迷言を晒すスレ
医学部目指して後に引けなくなった太郎ちょっとこい
源氏物語の何がそんなに凄いの?
センター過去問って昔ほど簡単じゃね?
センター試験の小説ってイイ話多いよな
なんで理系の人って国語が苦手なの?
学校休んで受験勉強
古文の世界でありがちなこと
教師は社会人の常識がない気持ち悪い職業だと思う
受験少女まどか☆マギカ
【結局】受験の末に悟った事【結局】
愛国心って必要なの?
ぶっちゃけ学校なんて必要なくない?
センター試験面白いほどシリーズの地学の表紙はエロい
センター試験会場で見た珍プレー好プレー 2011
家庭が貧乏な奴ちょっと来い
恋してる受験生
人生やり直せるなら、どこからやり直したい
数学が面白すぎる!!
【目を】受験戦争って差別じゃね?【覚ませ】
国公立大学を擬人化
受験生のこの夏の重要性。
夏休みの勉強時間
古文って意味ないだろ?
予習、復習方法について
「子供の頃の夢」と「現在の職業」教えて!
親がマジでムカツクんだが
受験勉強にノートまとめは一切不要
勉強と部活ってどっちが大事?
「大学どこ?」「東京工業」「どこのFランだよww」
受験生の睡眠時間
英文音読って本当に意味あるの?
宅浪で成功した人、失敗した人
大学受験用語集234
浪人するための心構え
予備校は役に立っているのか???
受験ストレスなのか頭髪に危機感を抱いてきた・・・
親に感動させられたヤシ2
正直Z会と進研ゼミってどっちがいいの?
世界の中に自分がいるか、自分の中に世界があるか
黄チャート「やっぱりあの子がいいの?」
【夏目漱石】Kはなぜ自殺をしたのか?【こころ】
センター試験のときの心がけ
センターで持ってくといいものは何?
いずれ必ず来る 死 について
【センター】現代文語句の意味対策スレ【国公私立】23
勉強してると嫌な事を思い出す
「これ覚えても社会で使うの?」と思った科目・分野
やる気の出る名言を受験生に
受験生が夜ひとみを閉じて独り思うこと
受験を通じてわかったことを書いていけよ
お前らって何のために大学目指してんの?
受験終えた奴が1つ受験の役に立つことを書いていく
大学に落ちたときの気持ちを思い出そう
受験リンク集
一流大学への道
受験勉強法Blog
偏差値30から早稲田・慶應大学に合格する英語学習法
大学受験の勉強法Tips
大学受験HACKS
大学医学部合格の偏差値ガイド(医科大学編)
独学で簿記1級、2級、3級を合格する方法
ここが難しい大学受験政治経済勉強法
大学受験Lab
大学受験合格大作戦
物理の参考書おすすめランキング
【一冊を】武田の受験相談所【完璧に】
英文法道場
楽しく覚える歴史年代
みんなの進路指導室
English Studio
みかん箱で勉強blog
受験勉強AtoZ
浪人大学付属参考書博物館
大学への物理
大学受験☆逆転合格術
英語の勉強の仕方スレ まとめ

大学入試センター
河合塾
代ゼミ
駿台
東進
早稲田塾
四谷学院
城南予備校
市進予備校
臨海セミナー
秀英予備校
北九州予備校
ベネッセ
Z会
大学受験パスナビ
月刊「大学への数学」
学参ドットコム
2ch大学受験板テンプレまとめwiki
大学受験板
大学受験サロン板

今井宏オフィシャルブログ
安河内哲也オフィシャルブログ
ひでにっき(大岩秀樹)
予備校講師日記(志田晶)
金谷俊一郎オフィシャルブログ
英語講師 仲本浩喜 Official Site
当たり前のことながら(西きょうじ)
薬袋善郎の公式ウェブサイト
ドラゴンイングリッシュ 竹岡広信のブログ
坂田アキラのブログ
船口明のオフィシャルサイト
出口汪オフィシャルWebサイト
ここに板野!ニュース(板野博行)
樋口裕一の筆不精作家のブログ
石川晶康のホームページ
日本歴史文化研究機構 <JCIA> (理事長・竹内睦泰)
佐藤幸夫オフィシャルサイト
大堀求オフィシャルサイト
大森 徹オフィシャルサイト
おさむっちぶろぐ(大宮理)
漆原晃オフィシャルサイト
山岡の地理B準備室
メールフォーム
相互リンク・RSS申請はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
10年近く前のHPの形に戻して行こうと思う。
  1. 無料アクセス解析

Author:キサラギ
大学受験生を応援するよ!

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。