スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【無限】宇宙の果てについて語るスレ【有限】

1 :名無しSUN:2006/02/10(金) 22:14:17 ID:+nCYuARI

宇宙の果てってどうなってるんだろうと考えはじめると
すごく不思議な気分になるのは私だけでしょうか。
数字は無限であるが、物質は必ず有限な存在だと思う。
宇宙の果ての向こう側はどうなっているんだろう。

皆さんは宇宙の果てってどうなってると思いますか?


8 :名無しSUN:2006/02/17(金) 21:22:04 ID:WcPiP6n3

大昔の人たちが地の果てを想像していました。
現代人も宇宙の果てを想像しています。

地の果ては行き止まりはなく球だった
宇宙も行き止まりはなく球でしょう

未来人も考えるでしょう
宇宙の外の果ては?と

多分、球でしょう。


10 :名無しSUN :2006/02/18(土) 22:54:08 ID:cle23bD2

私も宇宙は球だと想う。
だとしたら球は(他の宇宙は)他にもたくさんあるんだろう。
地球がある宇宙はひとつだけど、たくさんの別の宇宙があるはず。
別の次元に、その数も無限にあり、まったく違う世界があったり、
まったく同じ世界もあるかもしれない・・・
宇宙のはてなんて、ビンに入れられた蟻にその状態を説明できるか?
を問うようなもの。って考えると説明できない蟻は神を創造するの
だろう・・・。



12 :名無しSUN:2006/02/19(日) 02:06:53 ID:PcrOoCW0

宇宙は地球があるのが天の川銀河で、その回りにある無数の銀河そして銀河系はまたそのようなものがむすうにあってそれを取り囲む物凄い早さで膨張する何かがあって、その外は超重力の空間らしいとテレビでありました(笑)
確かそこをいききする、なんちゃらっちやつで宇宙間を移動するとか…(^_^;)
一時はそれで宇宙について満足してたんですが………ふと思いました。そのさらにむこうはなんなんやと(^^;)誰かさんが言った人間の命は地球より重いと言う事がわかりますね


13 :名無しSUN:2006/02/19(日) 14:40:16 ID:HefMabgz

宇宙は フーセン です


20 :名無しSUN:2006/02/20(月) 23:03:01 ID:hSGSo0Cq

お前らは宇宙の中にも外にもいるんだぜ。中が外で外が中で表が裏で裏が表で。 ]


22 :名無しSUN:2006/04/16(日) 00:33:15 ID:L1r13joa

漫画のキャラが漫画から出られないように、
私たちも宇宙からは出られません。
私たちは自分の意思で生きているとみせかけて実は違うのです。
すべて決まった道を歩いているのです。
これは私たちの世界でいう「漫画や本、物語、ゲーム」などと呼ばれているものに近いでしょう。
その目的は、遊びなのか観察なのか・・・私たち人間には全く想像することができないものです。
はたして宇宙を出たらどんな世界が広がっているか、
人間の知識、常識、概念でさえ役に立たない・・・
でもそんな宇宙だからこそ、
望みは言わないけれど
きっと今の人間には宇宙以上はいないでしょう


24 :名無しSUN:2006/04/16(日) 21:20:16 ID:AXKRvhiu

>>22
生かされているとしたら、生かされていることに気づかないようにできているはず。
だから私たちは自分の意思で生きているし、色々な未来が待っている。
そう考えるべき・・・だよね。
わからないのは、”何の為に”ということだけ。


28 :名無しSUN:2006/04/18(火) 11:47:56 ID:jWMJv01T

自分が死ぬときが宇宙の終わりであり、
新しい生命が産声を挙げることがビッグバンなのか。。。。。。。。。。。。


38 :名無しSUN:2006/04/25(火) 23:00:43 ID:QkxUNkVS

確かに自分が死んだ時が宇宙の終わりだよね。
その後のことは知る由も無いし、どうでもいいことだもんね。
って考えると宇宙は自分中心にできていて、
自分以外の物は作り物なのかも知れない。
宇宙の果ては自分が生き耐える時にわかるのかも。


43 :名無しSUN:2006/04/28(金) 15:13:43 ID:+wPxZ+Zt

認識するものがいない宇宙ってのも孤独だな(人間感情)。
水田の中の微生物にとってみれば、水田の外なんて宇宙の果てみたいなものなんだろうか。


29 :名無しSUN:2006/04/18(火) 14:47:58 ID:S9MZnfQv

もし宇宙の果てに壁があるとし
て、壁を掘りつづけたら~って
ことで宇宙に果てはありません
常に物質か空間が広がるのみ


32 :名無しSUN :2006/04/18(火) 15:49:36 ID:vPivTivl

宇宙の果て、そして果ての先、またその先、・・・・
考え続けると結局、無限の世界を想像する
無限に広がっている世界があるのだろうか
しかし現実に宇宙は存在している
不思議としか言い様のないこの世界
頭がどうかしてしまいそう


48 :名無しSUN:2006/06/24(土) 21:47:08 ID:t16k/uJC

今居るこの宇宙で死んだとしても
また別の宇宙で生まれ変われるんですよ。きっと
何億年、何兆年先に。
でもその人にとっては一瞬存在しなかっただけのこと。
何事もなかったかのようにまた生まれてくる・・・。
この宇宙に生物が存在する星の確立が何億、何兆分の1だろうが、
宇宙の数自体が何億、何兆個も在るんだから


49 :名無しSUN:2006/06/25(日) 02:45:39 ID:K7TYThQS

仮に果てがあったとしても無限とたいして変わらない
いまわかってる範囲だけでも、表現しようのない大きさだからね


55 :名無しSUN:2006/07/05(水) 02:05:17 ID:K4GCsf3o

宇宙の果ては「無」なのでしょう。
宇宙の外にはまた別の宇宙がある、などと言いますが、
それでは「果て」の答えにはなっていません。 
ではその先は?と突き詰めて考えていくと最終的には
「無」としか言いようがないような・・・。
「無」というのは理解不可能ですが、唯一、それを人間が理解できるときが
あるとすれば、それは等しく人間が無となる「死」後なのだろうと。
(死んでしまったら理解もクソもありませんが)
宇宙の果てである「無」を考えるということは、死後の感覚を考えること
と似ているような気がしてなりません。


56 :名無しSUN:2006/07/05(水) 05:32:32 ID:6FfBjZGC

「無」ってさ、宇宙をずーっと進んで行くと、例えば地球から徐々に大気が
減っていくように、物質の存在がだんだん無くなっていくものだとしたら、
その完全に無くなった空間が果てなんでは?
空間を感じさせない程の暗闇かもしれないし、「暗闇」自体がまだ物質で、
その先に本当の「無」に徐々に辿り着くのかもしれない。。。

誰も「無」の状態は見る事が出来ないけど、宇宙の果てとは徐々に物が減って
完全に何も存在しなくなったところ。としか考えられないな。
ただそこが「空間」という所とは言い切れないケド。。。


59 :名無しSUN:2006/07/05(水) 23:05:12 ID:G8Lr4+K9 BE:332044439-

宇宙が閉じてれば有限で果ては無し、地の果てが無いのと同じ
開いてれば果てはあるけどどんどん膨張して遠ざかってる
膨張速度は光速を超えてるので何も無いだろうな、たぶん


60 :名無しSUN:2006/07/06(木) 00:17:52 ID:2+cM/RvK

果てという概念自体が3次元的なのでは?
宇宙はもともと10次元、11次元でできているとか言われるように
果ての概念をイメージすることすらできないのかも。
4次元をなかなかイメージできないように。
たとえるなら、エッシャーのだまし絵のような、時間も空間もねじれた
ことが起こっているのかも・・・。


64 :名無しSUN:2006/07/06(木) 12:34:15 ID:BF2gz6ch

てか俺達みたいな知的生物か知的なバケモンが
夏休みの自由研究のために、
何も無いハコの中に宇宙を作った。
それを観察しようというわけだ。

だから宇宙の外に人間が進出したとたんブン殴られて死ぬ。


無限の予想ができるなorz


65 :名無しSUN:2006/07/06(木) 12:52:57 ID:nq/Y8y94

空間を宇宙とするの?
もしそうなら宇宙の外は空間すらない、ある意味壁のようなものなんじゃないの?


66 :名無しSUN:2006/07/06(木) 14:52:57 ID:xzDnedDD

だからぁ~、壁があるならその外はどーなってるかって話。


67 :名無しSUN:2006/07/06(木) 15:30:40 ID:JoyyhMWU

そして壁があるとしたら、どれだけ硬いのかも気になるな


70 :名無しSUN:2006/07/08(土) 05:54:08 ID:Vp93uEOg

はっきり言って宇宙の果てを知ることは100年後の未来人でも無理です。
この世で最速のスピードを誇るのは光です。光は秒速30万キロですから。
人類の科学技術がどんなに発達しても光を超える乗り物を作ることは無理だと
アインシュタインも言っています。

現在の科学ではビッグバン以後の話しからしかできないんです。
ビッグバンが起こる前は、どうだったんでしょう?空間なんてなかったはずだし
原子や分子も存在しなかったはずでしょう?無から有が生じるなんて有り得ないんですから。

科学がどんなに進歩してもこの問題だけは解決されないだろう。

俺は真剣に考えたことがあるんだけど神って、やっぱりいるんじゃないかなぁと。
でも、神ですらビッグバンが起こる前は存在しなかったはずだし、そう考えると
誰かが作ったのかなと。


96 :名無しSUN:2006/07/11(火) 00:01:09 ID:kd/8FXuh

重力は無限に届くんでしょ?
たとえ光の速さで宇宙の果てを目指しても
どこかにある超々々々々巨大ブラックホールの重力源に捕まって、
その周りを光の速さでまわりつつ吸い込まれてしまうんじゃないの?

それこそ、亜空間とかワームホールみたいな、
まだSFの世界のものを現実化しないと果てにはたどり着けないよね。

ウィザードリィみたいにワームホールの先が無だったらやだよね。


97 :名無しSUN:2006/07/11(火) 00:16:49 ID:/ZG4bgn3

現代の物理学が物質現象しか扱えない故の、思考実験上の限界なんだよね。>宇宙の果て
物質ではない別な媒体を発見したなら、またそれによる果ても出てくるのだろう。


106 :名無しSUN:2006/07/12(水) 14:51:40 ID:wRQ4Fyo0

3次元で言うならば宇宙の外は【無】だな。
更に上の次元で言えば、3次元に【有】を送り込むエネルギーの固まり。
常に上の次元から何かをすることで下の次元が【有】になる。
2次元世界の壁でボールの影がワープするのを、3次元世界で考えないと分からないのと同じように
宇宙の境界線や外側も上の次元で考えないと分からない。

これはだめ?


107 :名無しSUN:2006/07/12(水) 17:35:58 ID:C3cRfEQZ BE:221363429-

だめ


108 :名無しSUN:2006/07/13(木) 00:41:22 ID:8dgfns/b

>>107
なんでよ。
水平線の彼方も写真のように目に見えるだけの時は最後は滝になってたり
亀が支えてたりと言われてたけど、いざどんどん進んで見ると果てなどなく、
最初に戻る事が解った。つまり地球は丸いらしいとね。
これは今は宇宙から地球を見る事が出来るし想像するのは簡単だけど
昔の人はなかなか理解や想像出来なかった事じゃないかな?

宇宙の果ても同じことで今は、果てに近づこうとすればするほど果てになかなか近づかないって事になってるけど、
これは宇宙の外から見たら地球は丸いっていうくらい当たり前の事かも知れないし、水平線の果ては滝ってくらい馬鹿な事かも知れない。


109 :名無しSUN:2006/07/13(木) 10:39:58 ID:k1C02Qs4

俺が新説を発表してやろう。

「時間は丸い」

時間をどんどん進んでいくと、最後には元の場所に戻る。
だが少し角度がずれると、少しずれた時間の位置に到達する。
これがパラレルワールドといわれるものだ。
宇宙の果ても同じで、時間をかけてどんどん進んでいくと、
時間空間ともに、最後にはもとの位置に戻ってしまう。
ただしそれは、最初の位置からは少しずれた時間や空間なのかもしれない。
宇宙の進化とは、時間がたえず同じ球面の上を移動しているにすぎない。
進んでいる時には宇宙は広がっているように認知され、
元の位置に近付いてくるときには宇宙が再び縮小しているように認知される。
したがってビッグバンもなく、単に同じ時間球面上を移動しているだけなのだ。


110 :名無しSUN:2006/07/13(木) 14:59:09 ID:Qzf+Rk4h

ってことは、球体の半分越えると俺達が感じてる時間はどうなっちゃうの?
時間の大きさが無限なら今のままで大丈夫だけど・・・

それとその理論だと時間の球体の上を移動することができればタイムマシンもできちゃうな

なんか夢がある


111 :109:2006/07/13(木) 18:12:47 ID:k1C02Qs4

>>110 少し追加してみた。

 我々はどんな宇宙を観測しても、「過去」しか知ることができない。
 我々が進んでいる時間にそって、仮に2本の平行なレールが敷かれて
いるとしよう。はるかな過去には、この2本のレールが、はるか遠方
の1点で交わるように感じられる。この収束点こそが、現在の我々が
「ビッグバン」と呼ぶ全ての始まりである。現在観察可能な過去の
時間と空間が、遠方の1点に収束するように理解されることから、
宇宙は膨張している、といわれてきた。
 だがもしも、我々が「未来」を見ることができるなら、未来さえも、
過去と同様に、遠方の1点に収束していることに気付くだろう。
しかし実際は収束点など存在しない。平行なレールが、ただ延々と続
いているだけである。
 宇宙、すなわち我々の生きている空間は、巨大な時間球面の上を、
法則にそってただ進んでいるだけである。その行き先も、最初から
決まっている。しかしもしも我々がこの事実に気付くならば、レール
をわずかに切り替えるだけで、少し向きの異なる、別の未来に進む
ことができるだろう。


113 :名無しSUN:2006/07/14(金) 00:42:50 ID:UE96hlQE

この宇宙は3次元の空間に時間軸が加わった
ある意味4次元の世界である。
その原点位置でビッグバンが起こり、
その果ては球状に光速?で拡がっている為に
果てを確認することはできない?
その先は創造の世界なのだが、
宇宙は球状に拡がっていく為、その外殻内面に
メビウスの輪的な発想が生まれるのだが、
外殻外側はチリ・ガスといった物質のまったく存在しない無の空間であり、
その外殻境界も曖昧である。
じゃあその無の空間には何があるのか?
その無の空間には同じようなビッグバンで生まれた宇宙が
何千、何億、いや無限に存在しているのである。
今居るこの宇宙はその中の1つにすぎない・・・。


115 :名無しSUN:2006/07/14(金) 05:39:36 ID:ovQ3ioSv

一つ一つの素粒子の中にも我々の知り得ない大宇宙が広がり私たちがいま存在している大宇宙も
一つの素粒子のほんの僅かな部分なのかも知れない
ずっとループしているんじゃもはや宇宙の果ては知る意味をもたなくなってしまったな
一つ気になることがある
時間はいつから動き出しいつかは止まるのか
地球上の時間と宇宙空間の時間は違うんじゃなかったか
ましてやブラックホール付近ではおそろしく早く進んでいると解釈されてたような
無限のパラレルワールドも微妙な時間軸のズレがないと起こらない
時間という概念が貧困な想像力では理解に苦しむ


118 :名無しSUN:2006/07/14(金) 20:31:52 ID:10Su3cnu

つまり、この宇宙や時間を無限って考えるのは馬鹿げてるって事よ。
宇宙は、無限じゃなく境界線はあるし、時間にも終わりはある。


119 :名無しSUN:2006/07/14(金) 21:02:32 ID:XqjTg6/w

根拠は?
まさか亀の話しじゃないよね?


120 :名無しSUN:2006/07/14(金) 21:59:16 ID:10Su3cnu

>>119
宇宙は無限に続いてた訳じゃなく、始まりはあったんでしょ?
で、そこから広がってるということは、外と内の境界線は必ずあるじゃない。
時間も宇宙が始まった時点から進み初めたんだから、宇宙がなくなった時点が時間の終わりになる。
まぁ時間という概念は何か変化するものがあって、時が進んだと言えるのだから
宇宙がなくなり何もなくなればそれは時の終わりと言える。
また、過去に戻れることがあってもそれは二回目の過去だから、
時間が戻ったとは言えず、時間が進む中で過去に行ったと言えるだけ。
タイムマシンが今ないのはこれが理由。タイムマシンで過去に戻ったら、それはもう過去とは言えないから。
未来にタイムマシンが出来たとしても、そこから過去までの時間がなくなる訳だから
それは、無意味wだってそれまでの時間を忘れてる訳だから。


121 :名無しSUN:2006/07/14(金) 23:42:27 ID:6PgQzdI3

時間とは?
静止した空間は3次元の世界である。
3次元の世界に変化を加えた(時間軸)のがこの宇宙である。
物が変化していく様をあるいは流れを、人が時間と名付けたわけである。
変化があるから(脳に血が流れ)
人は意識をし、考え、また空間を感じることができる。
時間と空間は一体である(時空)。
時空の始まりをビッグバンと名付けたわだが、
始まりがあるなら終わりもあるわけで
終わりとは時空が1点に集束するか、無の空間に拡がりすぎて
消えてなくなるかのどちらかである。


122 :名無しSUN:2006/07/15(土) 05:33:12 ID:Pl9CJsHx

>>120さん>>121さん
非常にわかりやすく解説してくれているが、やはり納得できない部分がある
問答するつもりはないので気を悪くしないで読んでほしい
一番知りたいのは時間や空間すらなかった真の無の状態からの全ての起こりの基本となった
最初の(本当の1回目の)状況です
そののちに球状になりループしだしたとか、急速な膨張の後また収縮、若しくは無の空間に
のみこまれて消滅するというのはなんとなく理解できるのですが
時間(空間)が一定方向にしか作用していないのであれば必ず最初が有るはずです
仮に他方向に(過去や例えば0.5secだけ現空間より時間の概念が遅れている時空などがあったとして)広がり続けているとしても
やはり最初の最初があったわけですよね
ほんとうになにも無いところからすべては始まったのでしょうか
なにも無ければなにも起こり得ないですよね
ほんのささいな何かと何かがあったから始まったのでしょうか
ではその何かはいつ頃から存在しだしたのか
それ以前はどうだったのか

時間にしろ空間にしても本当のところ何も解明されていないんではないでしょうか
どの学問においても明解な答えがありません


124 :名無しSUN:2006/07/15(土) 08:25:22 ID:3oFGAGKq

いまわかる事はもはや真の無には戻れないということだけ
仮に何千年先に他次元を発見、行き来できるようになってももうそこが既に存在しているのでは本当の起源を知る事ができない
完全な無から有は起こらず、有から無になることもありえない
本当の最初の最初などアインシュタインでもわからなかった


125 :名無しSUN:2006/07/15(土) 12:12:33 ID:saXyA8NP

完全な無はありえない。
なぜなら、今が有だから。
無なら無のまま。
宇宙が始まる前は、物質が何もなく。エネルギーが存在するだけだった。
当然、時間の概念もない。
そのエネルギーから、極めて奇跡的な確率で、エネルギー無限大orそれに近い時空が生まれ、みずからの引力によってすぐかき消されずに残った。
こうなれば、後はそのエネルギーをどんどん時空に変えるだけである。

エネルギーだけの世界から何回宇宙が生まれる直前までいったか。または何回宇宙が出来たかによって
時間という概念を取り入れる事は出来るけど
それを知るすべはないし、知ったところで何の意味もない。
なぜなら、そこで解る時間は、今いる自分達の宇宙の時間になんら影響を与えないから。


126 :名無しSUN:2006/07/15(土) 13:58:14 ID:ZFbs/0fC

無の状態からどうやって、ビッグバンが起こったのか?
物理学者達の説では「量子論」によって説明がなされている。

量子論によると,
時間や空間さえない状態である「無」も,
そのままではありえず,ゆらいでいる。
その無のゆらぎから,宇宙は誕生したと考えられている。
(略)・・・・・・・・宇宙空間が「ゼロ」(=「無」の状態)の状態でも、
「ゼロ点振動」(=「ゆらぎ」)によって、
完全に「ゼロ」の状態を続けることができず、
宇宙は発生せざるを得ない。
量子論からは,宇宙が生まれざるをえないことが,
当然のようにみちびかれるのである。

と言う説明がなされその学説の裏を取るべく
学識者達は日夜電波望遠鏡を空に向けて「ゆらぎ」を捉えようと必死なのである。

ただこの理論の全容を読んでも、
理解できてもできなくても、
無から起こったビッグバンの”なぜ”の説明にはなっていない。
「ゆらぎ」とはなんぞや・・・である。
誰も、人を納得させる明確な説明などできるわけもないのだが
どうしても知りたい、納得したい人は
上記量子論(現時点での最先端、最有力の理論であることは間違いない。)を理解して、
何よりも信じてあげること。
信じる者は救われる・・・である。


129 :名無しSUN:2006/07/15(土) 17:11:31 ID:9yCftLtw

>>126
量子論もいまよく言われている「超ひも理論」に及んでいますがこの理論をもってしても
ほんとうの無は語れません。
数式などでは導けるものではないでしょう。
仮にひもと呼ばれる超微弱なエネルギーですらほんとうの無からは発生できないと思います。
真の無にはそんなわずかな時間すら無いはずです。
時間のまったく止まっている無の世界は想像すら及びません。


130 :名無しSUN:2006/07/15(土) 18:20:05 ID:E1oFTGXm

時間軸のまったく無い本当の無の世界などないと定義付けしないと今現在すら証明できない
いや、そういった時間すら無い本当の世界も存在すると定義付けてもそれも証明できない
時間はいつから動き出したかと想像することがそもそも間違いであると言うほかない
時間だけは最初から有ったとしないと超小空間にしろ極微弱エネルギーにしろすべて成り立たない
時間とは何かなど誰にも証明できない 時間とは最小であり最大な全ての素であるとしか言い表せない
必要最低限これだけは無くてはなにも起こりえないもの 「素」「始まり」「無と相反するもの」


132 :名無しSUN:2006/07/15(土) 22:38:23 ID:hz/YZT7H

宇宙は永遠説


ビッグバン以前は宇宙だった

そして今の宇宙の終焉後も宇宙になる

宇宙は膨張していくが、後に徐々にしぼんでくる

宇宙がしぼむにつれ今まで遠く離れていた銀河などが徐々に近づきあって衝突したり消滅したりしていく・・・

最終的に宇宙は「点」になるが今まで宇宙で構成されてきたあらゆる物質が「点」に集中する

あらゆる物質が「点」に集合するため想像を超える高密度になり大爆発を起こす(ビッグバン)

そして新しい宇宙が発生する・・・

宇宙は無限に繰り返す・・・




以上、妄想でした


133 :名無しSUN:2006/07/15(土) 23:14:33 ID:saXyA8NP

宇宙の果ては、白波のように常に移動してる。
宇宙は広がってるから。
果てに着いたと思ったら、果てはすぐに逃ざかる。廊下が伸びたら困るじゃん。
果ての移動に合わせて自分も動くと時間が止まっちゃう。
時間が止まっちゃったら果ての向こう見れないじゃん。
そう。見えたら困る。今まで築き上げた科学が崩壊する。
総て1から勉強しなおし。
もう一回計算ドリル提出するなんて面倒じゃん。
だから、果てには行けない。
果ての向こうは何かあってもなくても関係ない。
はてさて?


135 :名無しSUN:2006/07/16(日) 08:27:10 ID:Ac+QmF2U

爆発、膨張、収縮のち一点に集中後また爆発、膨張を延々と繰り返していると考えてみると今確認できるこの大宇宙は
単に一つの細胞のようなものに過ぎずその細胞の外側のなにも存在しないとされる外宇宙こそが我々の次元の無の世界
と解釈できる
もちろんその無の世界にも空間と時間だけは存在するので真の無ではない
唯物論ですべて成り立っているこの次元に完全な無の世界など存在できない  別の次元に存在すると想像だけはできる
大宇宙の外側の空間を外宇宙と定義付けるとそここそがこのスレの趣旨である宇宙の果てと言うことができる
そこは光も闇も微弱なエネルギーももちろん無い空間である

と、自分なりにまとめてみたがここでまた一つ疑問が生まれました
大宇宙をとりまく外宇宙(宇宙の果て)には果てが有るのか無いのか
何もかもが唯物論で成り立っていることを思えば果ては有ると考えないといけないですが
俺には無いような気がしてならないです    
例えば、巨大な金魚鉢の中で生まれて死んでいく金魚達には餌をやり世話をする人間などはなんとなく確認できるが理解できない
本当の宇宙の果ての果てはどうなっているかは人智の及ぶところではありません
万人が納得できる想像すらいまだに誰もできていません
おそらくどれだけ未来になっても最後の最後まで謎のままでしょう


139 :名無しSUN:2006/07/16(日) 13:47:22 ID:HgquehUC

最後はその生命体自身がまったく同じ生命体を見るんだよ 調査中の自分自身を
なにかで読んだ
AとBの2つの鏡を使い鏡に映る鏡の中にある鏡の中を延々と調べているようなもの
結局、謎のまま
このスレでも誰かが書いていたけど人間の想像できる数だけ色々な宇宙が有るんでしょう
10次元や11次元といわれる他の次元空間にももちろん宇宙がありその次元内でもさらなる異なった次元がある
無数に有る
次から次から出てくる
もう無理
考え出すと怖いね


146 :名無しSUN:2006/07/17(月) 21:03:03 ID:iWkLT2D5

宇宙は心だと思う。いや人間の心だと思う。人は生まれてから5年くらいは
宇宙のことを知らない。でもだんだん心が成長すると宇宙を知り宇宙について
考えはじめる。その時その人の心の中に無限の宇宙が広がる。そして宇宙の果て
はどうなっているのか?と一生考え続ける。そして年をとり死ぬ。その時宇宙
はその人の心と共に消える。個人にとっては絶対的に宇宙は心なのである。
僕はそう思うんだが。


154 :名無しSUN:2006/07/18(火) 09:51:45 ID:Q8qYSr1g

もし人間が全てを知り尽くしてしまったらどうするんだろう

宇宙のことも生物のこともなにもかも


155 :名無しSUN:2006/07/18(火) 13:43:25 ID:/9p98o0/

>>154
一般人に科学的にわかりやすく証明できたらそれこそ神と同等の存在として奉られるだろうね
ある意味で非常に危険な事なのかも
すべての未来を知り得ることと同じだからね


164 :名無しSUN:2006/07/18(火) 22:27:43 ID:YZ6zqGk/

>>155
全ての物理法則やデータを知りえたとしても未来を知ることができるかどうかはわからないよ。
最終的な結論が量子論みたいに確率で表されるかもしれないんだから。


168 :釜井:2006/08/01(火) 01:13:47 ID:wUo4Mr47

>>164
量子論は測れないから確率で求めてるだけ。
完璧に場所がわかれば未来はわかる。


169 :名無しSUN:2006/08/01(火) 02:14:30 ID:NNZ2af4o

>>168
そんな証明されてたっけ?
知識不足ですまんな。
これからどんな物理量が出てくるかわからなく、この世界がどんな物理法則が支配しているかわからない状態で
どういう風に証明しているのか知りたいんで、内容とかソースとか証明者とか原理名とかなんでもいいから教えてくれ。


170 :名無しSUN:2006/08/01(火) 17:23:18 ID:wUo4Mr47

>>169
証明も何も物理学の基本でしょ。
物質が変化していくのにはすべて法則がある。
法則で答えを出すには正しい観測が必要。

猫を殺す機械が動くときが判れば、猫が死んでるかどうかは分かる。

人間が計算で全宇宙の事象を正しく観測出来るかどうかは分からないが
もし出来れば、全ては出来レースになって、存在意義はなくなるかもね。


172 :名無しSUN:2006/08/05(土) 16:18:51 ID:lFRLLceN

>>170
法則があるのと一意に決まるのとは意味が違う。
また、物理学に留まらず科学全般において、全ての事象に法則性がないといけないという前提もない。
仮に法則性が見つからなければ法則性がないと結論付けるのも科学。
そして最終的にどうなるかは現段階では全くわかっていない。
ちなみに量子論の確率の話を否定しているのは的外れだよ。
量子論は別に最終的な理論ではないし、>>164では一意に決まらないということの例としてわかりやすいと
思うものを挙げただけだから。


173 :名無しSUN:2006/08/08(火) 10:53:44 ID:+8t7hvbx

>>172
仮に最終的な法則がないとすると、矛盾が生じない?
何も予想できなくなる。
最低でもこの宇宙内で起こってる事には、法則はある。
宇宙はゲームのソフトのように、あらかじめ入力されたプログラム通りにしか動いてない。
それでもなお、そのプログラム(法則)を突然変更する者の存在は否定出来ないが。
そうなったら、科学に法則はないと言うことになりますね。
とりあえず、法則はあると考えないと、科学否定のオカルターになっちゃう


175 :173:2006/08/09(水) 02:26:46 ID:3lk7FLbl

無限か。。。
俺、間違えてるかな?
ちょっと話変わるけど、1/3×3=1だよね。
1÷3=1/3=0.33333333…

0.333333…に3を掛けても永遠に1になる事はない。

1÷3=0.33333333…
0.33333333…×3=0.99999999…

どちらかが間違えてるんだろうか?


176 :名無しSUN:2006/08/12(土) 06:25:50 ID:ZP24pXx6

>>175
 ・
0.3(循環小数をかけないから無理やり書いたけど「・」の位置がずれてたら脳内補完よろ)は0.3でも0.33でも0.333でもないよ。
うまい説明が思いつかないけど、0.33×3は0.99にしかならないのに、0.333×3は0.99より大きくなるのは
おかしいって言ってるようなものじゃない?
ただ単に見た目が似てるだけで実際には違う数なんだから。


156 :名無しSUN:2006/07/18(火) 14:15:20 ID:/9p98o0/

物事には必ず起源があり終焉を迎えるとする科学や物理学では永久に解明できない
起源など基から無いとしなければ全ての辻褄が合わなくなる
始まりも終わりも無い無限に連鎖している想像を絶する巨大な空間に閉じ込められているなど
非科学的解釈に思えて仕方が無い
こうなった要因は必ずあると考えるのが妥当です
例えそれが非常に危険な事であっても


159 :名無しSUN:2006/07/18(火) 18:11:21 ID:mIFrkZkM

非常に危険な事であっても...で現状考え付く机上の空想を一発ぶちかますと

宇宙が膨張のち収縮してきたときに大宇宙の外側の空間(宇宙の果て)が一瞬だけ理解できることになる
もちろんそれまでの膨大な時間や生存できる惑星を次々に変えていくなど野暮な問題は省いたとして
ただ理解出来た直後、すべてが瞬時に消滅するであろう


160 :名無しSUN:2006/07/18(火) 18:36:24 ID:VGjxl0x/

死んだらどうなるのかって考えに似てるな
事象の観測者が存在してこその科学なのに
宇宙の果てはすべて停止した世界
時空の存在が無い世界かもな


161 :名無しSUN:2006/07/18(火) 19:58:43 ID:VGjxl0x/

3次元でイメージしやすく言うと全て凍結した死の世界って感じか
やはり知ってはいけない次元空間だ


181 :名無しSUN:2006/08/15(火) 09:42:20 ID:Fg5JvPYx

しかし謎だらけだね 地球から一歩踏み出すと
ほとんど何でも有りって解釈しないと成り立たないんじゃないか 宇宙は
常識が通用しないんなら悪夢とそう変わらないな
今のところは死の世界ってイメージだしなんか怖いイメージが先行するんだけど


182 :名無しSUN:2006/08/15(火) 11:00:59 ID:CAHq6zzq

いやいや神秘だろ
常識が通用しないとかかっこよすぎ

まぁ宇宙には宇宙の常識があるんだろうけど

星座の事典
星座の事典
posted with amazlet at 11.02.02
沼澤 茂美/脇屋 奈々代
ナツメ社
売り上げランキング: 8329


 ・世界の中に自分がいるか、自分の中に世界があるか
 ・【夏目漱石】Kはなぜ自殺をしたのか?【こころ】
 ・豊かさとは何だ。何に感じる?
 ・いずれ必ず来る 死 について
 ・いじめはやられる方が悪い
 ・なぜ自殺 はいけないことなのか?

>>>《記事一覧
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

207 : No title

いいえ!!宇宙には見えない壁があるのです!!球でもなければ無限でもない。有限です。今も宇宙は猛スピードでどんどん加速していってますがもし人間が宇宙の果てまでず~っと行ったとします。しかしどんなに進んでもまた元の場所にもどってしまう不思議な壁があるのです。

208 : 宇宙について

いいえ!!宇宙には見えない壁があるのです!!球でもなければ無限でもない。有限です。今も宇宙は猛スピードでどんどん加速していってますがもし人間が宇宙の果てまでず~っと行ったとします。しかしどんなに進んでもまた元の場所にもどってしまう不思議な壁があるのです。

562 : No title

宇宙のすべて(法則、物理)を知ったとき、人類は神に等しい存在になるとともに生きる意味を失う。だろ?

1049 : No title

宇宙は光より早いスピードでひろがっているので、今の科学では宇宙の果てにいくのは無理だと思う。
しかしもし宇宙の果てにいけたとしても、それで人間の欲望がおさまってしまうかもしれないので、宇宙の果ては行かないほうがいいと思う

1052 : No title

レストランがあるのさ

1166 : No title

みなさん、まずは本を読んでみましょう。
検索フォーム
最新記事
オススレ
大学受験関連で人から言われた迷言を晒すスレ
医学部目指して後に引けなくなった太郎ちょっとこい
源氏物語の何がそんなに凄いの?
センター過去問って昔ほど簡単じゃね?
センター試験の小説ってイイ話多いよな
なんで理系の人って国語が苦手なの?
学校休んで受験勉強
古文の世界でありがちなこと
教師は社会人の常識がない気持ち悪い職業だと思う
受験少女まどか☆マギカ
【結局】受験の末に悟った事【結局】
愛国心って必要なの?
ぶっちゃけ学校なんて必要なくない?
センター試験面白いほどシリーズの地学の表紙はエロい
センター試験会場で見た珍プレー好プレー 2011
家庭が貧乏な奴ちょっと来い
恋してる受験生
人生やり直せるなら、どこからやり直したい
数学が面白すぎる!!
【目を】受験戦争って差別じゃね?【覚ませ】
国公立大学を擬人化
受験生のこの夏の重要性。
夏休みの勉強時間
古文って意味ないだろ?
予習、復習方法について
「子供の頃の夢」と「現在の職業」教えて!
親がマジでムカツクんだが
受験勉強にノートまとめは一切不要
勉強と部活ってどっちが大事?
「大学どこ?」「東京工業」「どこのFランだよww」
受験生の睡眠時間
英文音読って本当に意味あるの?
宅浪で成功した人、失敗した人
大学受験用語集234
浪人するための心構え
予備校は役に立っているのか???
受験ストレスなのか頭髪に危機感を抱いてきた・・・
親に感動させられたヤシ2
正直Z会と進研ゼミってどっちがいいの?
世界の中に自分がいるか、自分の中に世界があるか
黄チャート「やっぱりあの子がいいの?」
【夏目漱石】Kはなぜ自殺をしたのか?【こころ】
センター試験のときの心がけ
センターで持ってくといいものは何?
いずれ必ず来る 死 について
【センター】現代文語句の意味対策スレ【国公私立】23
勉強してると嫌な事を思い出す
「これ覚えても社会で使うの?」と思った科目・分野
やる気の出る名言を受験生に
受験生が夜ひとみを閉じて独り思うこと
受験を通じてわかったことを書いていけよ
お前らって何のために大学目指してんの?
受験終えた奴が1つ受験の役に立つことを書いていく
大学に落ちたときの気持ちを思い出そう
受験リンク集
一流大学への道
受験勉強法Blog
偏差値30から早稲田・慶應大学に合格する英語学習法
大学受験の勉強法Tips
大学受験HACKS
大学医学部合格の偏差値ガイド(医科大学編)
独学で簿記1級、2級、3級を合格する方法
ここが難しい大学受験政治経済勉強法
大学受験Lab
大学受験合格大作戦
物理の参考書おすすめランキング
【一冊を】武田の受験相談所【完璧に】
英文法道場
楽しく覚える歴史年代
みんなの進路指導室
English Studio
みかん箱で勉強blog
受験勉強AtoZ
浪人大学付属参考書博物館
大学への物理
大学受験☆逆転合格術
英語の勉強の仕方スレ まとめ

大学入試センター
河合塾
代ゼミ
駿台
東進
早稲田塾
四谷学院
城南予備校
市進予備校
臨海セミナー
秀英予備校
北九州予備校
ベネッセ
Z会
大学受験パスナビ
月刊「大学への数学」
学参ドットコム
2ch大学受験板テンプレまとめwiki
大学受験板
大学受験サロン板

今井宏オフィシャルブログ
安河内哲也オフィシャルブログ
ひでにっき(大岩秀樹)
予備校講師日記(志田晶)
金谷俊一郎オフィシャルブログ
英語講師 仲本浩喜 Official Site
当たり前のことながら(西きょうじ)
薬袋善郎の公式ウェブサイト
ドラゴンイングリッシュ 竹岡広信のブログ
坂田アキラのブログ
船口明のオフィシャルサイト
出口汪オフィシャルWebサイト
ここに板野!ニュース(板野博行)
樋口裕一の筆不精作家のブログ
石川晶康のホームページ
日本歴史文化研究機構 <JCIA> (理事長・竹内睦泰)
佐藤幸夫オフィシャルサイト
大堀求オフィシャルサイト
大森 徹オフィシャルサイト
おさむっちぶろぐ(大宮理)
漆原晃オフィシャルサイト
山岡の地理B準備室
メールフォーム
相互リンク・RSS申請はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
10年近く前のHPの形に戻して行こうと思う。
  1. 無料アクセス解析

キサラギ

Author:キサラギ
大学受験生を応援するよ!

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。